FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます
1月24日(土)中京8Rで12番人気33.4倍のミッキーラブが1着となりました。
金満ラーならご存知、マンハッタンカフェ得意の中京2000mだったわけですが、一方苦手な休み明けでもありました。
しかし注目すべきところはまだあり、今回の休み明けも嫌う必要はありませんでした
それは500m以上距離短縮(芝)ということです。
では実際にマンハッタンカフェの芝について見ていきましょう。

t1_20090129210006.jpg

一番目立つのはやはり500m以上距離短縮ですね。
複勝率、回収率ともに優秀です。
牡馬に限ると

(5-4-6-23/38)勝13.2%連23.7%複39.5%単161複134

で、短縮だけでも

(24-21-18-100/163)勝14.7%連27.6%複38.7%単165複107

で、買い続けてもプラスです。

さらに苦手と言われている休み明けですが、これもサラモバでとりあげられていますが、
牡馬より牝馬のほうが圧倒的に成績が悪い。
牡馬には面白いデータがあるので見てみましょう。

t1_20090129211207.jpg

データは少ないですが、半年以上の休み明けは買い材料です。

そして

中京芝2000(11-3-4-25/43)勝25.6%連32.6%複41.6%単294複153

と1着が多く、500m以上の距離短縮長期休み明け中京芝2000という条件だったミッキーラブの1着は来るべくして来たと言っても過言ではないかもしれませんね。

ちなみにマンハッタンカフェ産駒は500m以上距離短縮(芝)は重賞で(1-1-0-2/4)

そのうちマンハッタンスカイが福島記念で1着。
この馬自身は500m以上距離短縮(芝)で(1-1-1-2/5)。
次走は京都記念のようなので狙ってみます。

そしてレッドアゲートがフラワーCで2着。
愛知杯でも6着ではありましたが、1着とは0.2秒差。
紫苑Sは断然人気ではありましたが、苦手な休み明けの凡走3着。
しかし言い方を変えればこちらも400m距離短縮で複勝圏内死守。
この馬もこのパターンは覚えておきたいですね。

次回は「距離大幅短縮のエルコンドルパサー」の予定です。
スポンサーサイト