FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます
天皇賞秋(過去7年分)

中山開催の2002年は除く。


(1)種牡馬
種牡馬
種牡馬2
・サンデーサイレンス系は近年好相性。
2003年から毎年連対中。2004年、2005年はワンツースリー、2006年はワンツー。
・サドラーズウェルズ系で馬券に絡んだのは2007年メイショウサムソン、2000年、2001年テイエムオペラオー
・ミスプロ系で馬券に絡んだのは2006年アドマイヤムーン、2001年アグネスデジタル(重馬場)。
・ロベルト系で馬券に絡んだのは2002年シンボリクリスエス。それ以外は7番人気以下の人気薄が多い。
・他のノーザンダンサー系で馬券に絡んだのは2000年、2001年メイショウドトウ。


(2)母父
母父
・ニジンスキー系は2004年、2005年ダンスインザムード、2003年テンザンセイザと激走が目立つ。

(3)前走着順
前走着順
・前走1着は2005年以降毎年馬券に絡んでいる。
・前走1着馬2着馬どちらかは毎年連対している。
・前走6着以下で馬券に絡んだ馬は2005年のダンスインザムードのみで連対馬はいない。

(4)前走距離・レース
前走距離
・前走宝塚記念(2-1-1-8/12)2004年以降馬券に絡んだのは2007年メイショウサムソンのみ。
・前走京都大賞典(2-1-0-11/14)2005年以降は馬券に絡んでいない。
・前走毎日王冠(1-1-2-34/38)2006年、2007年と2年連続連対中。

(5)前走人気
前走人気
・前走1番人気は2005年を除くすべての年で馬券に絡んでいる。
・前走4番人気以下で馬券に絡んだ馬は2003年テンザンセイザを除き前走連対していた。

(6)その他
・2000年テイエムオペラオーが1番人気が勝てないというジンクスを破って以降1番人気は(4-2-0-1)
 馬券に絡まなかったのは2006年スウィープトウショウのみ。
・3歳馬(0-0-1-7/8)府中で連対した馬はまだいないが、2006年アドマイヤムーン(3着)を除きすべて7番人気以下。
・4歳馬(5-2-0-22/29)頭が多い。
・5歳馬(1-4-3-28/36)2、3着が多い。
・6歳以上(0-0-1-31/32)馬券に絡んだのは2007年カンパニーのみだが1、2番人気は1頭もいなかった。
・間隔10週~半年(2-2-3-16/23)2005年以降は毎年馬券に絡んでいる。
・間隔半年以上(0-0-0-6/6)すべて8番人気以下。
・7枠(4-1-0-11)外枠は嫌わなくてもいいか。そのうち1番人気は(2-1-0-0/3)

出馬表

◎ウオッカ
○ディープスカイ
▲ドリームジャーニー
△ダイワスカーレット
△タスカータソルテ
注カンパニー

皐月賞で言う「ロベルト系の一発」じゃないですが、「ニジンスキー系の一発」と除くと前走人気、前走好走馬を買ってればデータ的には当たりそうな感じです。

◎は前走2着のタニノギムレットでウオッカ。
データ的にも全く問題ありません。
安田は○止まりで後悔しましたしね。

○はNHK、ダービー、神戸新聞杯とお世話になったディープスカイに敬意を表します。

▲はドリームジャーニー。
叩き4戦目はアグネスアーク、スウィフトカレント、ダンスインザムードと穴が多いです。

注はカンパニー。
データ的には用なしですが、気になります。
3強と宝塚の成績のせいか人気なさすぎと思います。

スワンSは「外枠のグラスワンダー」、そして同じ4歳馬、別路線組がきましたね。
重賞のツボにおいて久々に的中した気がします(笑)
ちなみに京都6Rの新馬戦も1番人気ではありましたが外枠のグラスワンダーでした。
スポンサーサイト