FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます
小倉記念(過去8年分)

※2003年のみBコース


(1)種牡馬
種牡馬
・ミスプロ系で馬券に絡んだ馬は2004年、2005年メイショウカイドウのみ。

(2)母父
母父
・リファール、他のターントゥ系の相性が良いが、リピーター馬が多い。
・ニジンスキー系は不振。

(3)前走着順
前走着順
・前走1着or2着が毎年馬券に絡んでいる。
・Bコースだった2003年を除くと前走2着が毎年馬券に絡んでいる。
 函館記念のデータと比べても前走1、2着の成績は優秀。
・10着以下で馬券に絡んだのは2002年イブキガバメント、2003年ロサード、2006年ヴィーダローザ。
 3頭の共通点は父or母父リファール系、休み明け、重賞勝ち馬。
・6着以下で見ても2003年グリーンプリッツが3着なだけでこの年のみBコースだったこともあり、例外と見てもいいかも。

(4)前走距離・レース
前走距離
・前走七夕賞(0-1-0-9/10)で馬券に絡んだ馬は2007年ニホンピロキースのみ。
・前走マーメイドS(0-0-0-3/3)

(5)前走人気
前走人気
・前走10番人気以下で馬券に絡んだ馬は2003年グリーンブリッツのみ。

(6)その他
・斤量~51kgは(0-0-0-13/13)
・前走勝ち馬から1秒以上の負けは(0-1-0-28/29)で馬券に絡んだのは2006年ヴィーダローザのみ。
 同馬も1.1秒差だっただけに大敗から巻き返すのは難しいか。
・ダ→芝(0-0-1-3/4)で馬券に絡んだ馬は2004年オースミステイヤーのみ。

出馬表

データが示す通り、夏競馬ということで勢いのある馬を買いたいですね。
ニルヴァーナもドリームジャーニーも気になりますが切りました。
土曜は午後から1枠が立て続けに連対しており内枠がすべて消しなのが少し心配です。
あとは父ミスプロ系がいまいちなピカレスクコート、軽量がいまいちなカネトシリベルテ、母父ニジンスキー系がいまいちなミヤビランベリの評価を少し下げました。

◎は今年は56kgのヴィーダローザ。
○は中2週のローテもよさそうなグロリアスウィーク。
▲は消すわけにはいかないダイシングロウ。
以下△と続きます。

◎と○2頭本命で挑んでみます。
スポンサーサイト