FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます

相変わらず不定期ですみません(苦笑)
朝日杯は先週から内枠に入ればリアルインパクト一択でした。
中山は先週も前有利だったことと血統ですね。
血は水よりも濃し 望田の競馬blog(10/25分)でも書いてますし、血統を見てもパワー型は一目瞭然で、中山ならさらにパフォーマンスをあげるだろうと。
あと望田さんのブログで一番共感するのはサンデー×リファールにおけるハイインローのところですね。
ディープ産も非凡な馬が多いと言われているものの、大舞台では2、3着が多くなると予想します。
新潟2歳Sも伸びない内を通った分…と角居さんが言っていましたが、そこは血もでたのではないかと思いますし、2勝馬が少ないといわれているのはそれが原因かなと。
ただ今回は小回り中山となると押し切れると思いましたが…。


馬券は複勝と馬単、ワイドとちょろちょろと買いましたが、微増程度のプラスでした…。
こちらは逆に血統に泣きましたね。ヒモ抜けです、バクシンオーってw(笑)
望田さんがとり上げていたバクシンオー×サンデーは1200<1400説で、ただのバクシンオーではない。
そして外人だと距離が少し持つ。とかでしょうか、理由をつけると。

今年のG1は買わないレースもチョコチョコありますが、
ダービーはローキンの複勝、オークスはサンテミリオンの複勝、菊花賞はビッグウィークの複勝と、
G1では複勝のヒットとおいしいオッズにありつけているのでG1は複勝勝負がいいかもしれません。
馬券の買い方は永遠のテーマですが、しばらくG1ではそうしてみます。


さて先週の日曜の話です。土曜は競馬を観戦していたので傾向は頭の中にありました。
阪神ダートは前有利、ダマスカス、ストームキャット、ニジンスキー、それとロベルトがちらほらと
目立ち、パワー型かなと把握。

阪神2Rはロベルト軸で穴に母父ニジンスキーで8枠のキンカメってことでクラシカルノヴァ、
ホワイトマズル×母父オジジアンでいかにも前で粘ってというホワイトスパルタンを買いましたが、
軸のロベルト違いで悔しい思いをしました…(涙)

101212_1100~01


ところで、最近「単勝1倍台でアツいのはどのクラスなのか?」というのを知り合いと話しまして調べたんですよね。
すると意外にも新馬戦がすばらしい!!一方ひどいのは未勝利戦。みなさんご存知でした?

小倉4Rの新馬は1.7倍のロードエルドールを軸に、小倉ダ1700(ローカル)をイメージして馬券を購入。
クロフネ×トニービン、スキャン×フォーティナイナーが2、3着でめちゃくちゃおいしい馬券をゲットできました。
101212_1143~01
馬単7940円×300円 三連複31260円

この日はこれで勝ち逃げしました。

2009年と2010年のデータだけ雑ですが、まとめて貼ります。

無題

2010年は1.4倍以下の馬は全戦全勝。(うち14戦中、芝が12戦)
2010年のダは3着以下8戦すべて1400m以下。
2009年のダは1800mの4着以下が2戦あるが2戦とも3歳戦。
2010年のダは4着以下5戦中3戦が武豊。

TARGETがある方は配当も見るといいと思います。特に今年は高配当が多いです。
芝において馬券に絡んだ44戦中8戦が3連複万馬券、最高配当67700円。
ダにおいて馬券に絡んだ18戦中5戦が3連複万馬券、最高配当56950円。

ではまた。
スポンサーサイト