FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます
夏の小倉ですか(笑)

◆中山2R
4番ティアップゾフィー
芝→ダのスペシャルウィーク。
中山ダ1800は逃げ先行なら買いの材料。

◆阪神3R
11番シゲルリジチョウ
切れる脚のあるグラスワンダー。
届かないけど(笑)
ただ、先週の日曜日は差しの利く馬場だったし、
10Rではマヤノトップガン、グラスワンダーが2、3着で穴をあけた。
これまでは前残りに泣かされている部分もあるしここなら。

◆阪神4R
1番テイエムドンマイ
プリサイズエンド×ミスプロ系は芝で2戦しか連対しておらず、
1頭は重馬場、もう1頭はこの馬の初戦。
穴馬を言うよりも阪神芝の外回りでどれだけやれるか注目したい。
メンバー的にはドスローの予感で粘りこめれば。
ということなら初戦でマクリ気味に進出したアドマイヤラクティから攻めるのがいいかも(笑)
外回りのキンカメもいるが、物足りない印象も。
ただもちろんおさえてはおいたほうが。

◆阪神10R
8番マイネエスポワール
言わずと知れた阪神1400巧者。
叩いて良くなる馬で、差しの利く馬場ならさらに前進も。

◆小倉5R
5番アムネリス
叩き3戦目のサウスヴィグラス…と思ったら、
調べ直すと回収率がグッと下がっている。
ただし、前走好走、もしくは惨敗なら回収率は高い。
前走と同距離でも一応100は超える。
オッズと見てもおさえたい1頭。

◆小倉9R
1番ハナノシンノスケ
チーフベアハートの大幅距離短縮。

◆小倉11R
7番ゲシュタルト
相変わらずマンハッタンカフェの大幅距離短縮は健在で、
スワンSのジョーカプチーノ、キャピタルSのサンディエゴシチー、
鳴尾記念のヒルノダムールとここ最近は特に目立つ。
ちなみに今年だけ調べると穴では8.10.11.14番人気で馬券に絡みと穴も多い。
半年以上の休み明けも相変わらずで、両方の条件が重なったジョーカプチーノは
最高の狙い目だったというわけですね。
6月5日阪神8Rもプレザントブリーズもこの両方の条件で14番人気ながら激走しました。
さて、話は戻って。
最初に言ったとおり、ここ最近は好走が目立ちますし、
それは3歳がレベルが高いということかもしれません。
というわけでこの馬も仕事をしてくれないと困ります(笑)

◆小倉12R
2番トーコーブロンコ
小倉芝1200内枠のマイネルラヴです。
1~3枠なら複勝利は100を雄に超えます。

5番トロンプルイユ
タキオンの小倉芝1200の成績はイマイチも、
先手を取れる馬ならしっかり馬券内に。
戦績を見る限り、順張りタキオンで0.4差4着も問題なさそう。
スポンサーサイト