FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます

小倉3Rマッシヴジェネラルはダメでしたね。
ここまでとりあげた馬がこんなに惨敗するのは初めてかもしれません(苦笑)
高速馬場ということもありテンから速かったですけど、
まわりのメンバーの戦績を見てもテンの速さは遜色なかったのですが、
出負けしたのか、ここはムーンバラッド(父サドラー)の血が出たのか…。

ところで2着だったエーシンヨシツネ。
内枠のグラスワンダーとも外枠のグラスワンダーとも言いますので、目は行っていました。
が、小倉芝1200でパッとしてなかったんですね。
そこで調べ直しました。

グラスワンダーは芝の1200mにおいて、1枠のみ単複両方とも回収率が100超で、単に限っては192。
当たり前と言っちゃ当たり前ですが、中でも開催1日目~4日目だとさらに跳ね上がります。
中でも母父ミスプロだとデータ数はかなり限られはしますが、複勝率も50%をゆうに超えます。
それと減量騎手も大きかったでしょうね。

この日の小倉はロベルトが好調で、新馬でタムロプリンセスがコケたので、
今日はサンデー系はキツイのかなと思ったら11Rの北九州短距離Sはデグラーティア(父フジキセキ)と
コパノオーシャンズ(父アグネスタキオン)はきましたね。

新潟の稲妻特別は牝馬のワンツースリーで唯一の3歳馬が1着ですか。
小倉3Rのマッシヴジェネラルしかりネヴァーベントを気にしすぎもいけないのかな!?
まぁ結果論ですが。

さて、日曜日。

◆小倉1R
懲りずに小倉芝1200m。
いつもならデータだけ見て先手を奪えるスペシャルウィークでOK。
なのですが、最近血統の奥深くとか見てるのでよく調べてみました。
スペシャルウィークは小倉芝1200mで逃げ、先行馬を無条件に買えばプラスになります。
が、さらに調べると意外にも勝ちきる馬の多くは開催後半の外目の枠なんですよね。
と思ってみたら、連対や複勝圏内にはだいたい人気通りに来てる感じに見えないでもないです(汗)
ただ、母父ミスプロやプリンスリーギフト系が上位で、SPを生かした競馬をしているんでしょう。
セレスワンラヴは開催後半でしか馬券に絡んでいないですし、軽視してみます。
母父ニジンスキー系のオースミアザレアはニジンスキーのクロスを持っていますが、
イサミサクラサクラ(母父アイネスフウジン)と被るのも多少気になりますが。

では他に何かいないか。
兄弟に8枠巧者、母父エルコンでダ→芝や減量が効きそうなエルキャンディー、
懲りずにムーンバラッドのプラチナソング、
懲りずに母父パドスール(ネヴァーベンド系)のヒロコファンタジー、

いえいえ、キングカメハメハのタマモピアスです。
キンカメも小倉芝1200mはパっとしないものの、先行なら買うだけでプラス。
ただデータが少なく、逃げた馬はまだ1頭もいない。
母父サクラユタカオーで平坦のスピード勝負はよさそう。
クロスはミルリーフを持っています(笑)
母は夏の小倉芝1000で未勝利戦をブッチ切り。
姉のチャームペンダント(父ボストンハーバー)はここでとり上げましたが、先週同じ舞台で穴をあけた。

これで行きます(笑)
人気のスペシャルウィークがコケてキンカメがくれば大成功ですが、逆の結果なら…。

◆小倉2R
メイショウアカドウ
成績優秀なゴールドアリュールが普通なところですが、
タムロウイング(母父アフリート)が代表的ブラックホークも小倉ダ1000は走る。
既走馬相手だが、母はデビュー戦に既走馬相手に単勝200倍ぐらいにもかかわらず4着に激走。

◆小倉4R
タイセイマグナム
スターリングローズは短距離のダートでこそ。
新馬はそれほど走らないが、舞台は絶好で減量も魅力。
母は芝→ダ1000で一変。
ここでそこそこ走って次に人気になる前に買いたいところ。

面白そうなのは新潟10R麒麟山特別と小倉10R西日本スポーツ杯。
前者はオウロプレットかなぁ。
後者はユメイッポとスワンの2頭とも個人的に応援している馬がいるので。
そこに馬券でお世話になったヒカルジョディー、タキオン産駒のアグネスヨジゲンもいるので。
スポンサーサイト