FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます


土曜もとりあげた馬の好走がちょこちょこありました。
こうなるとやる気もアップしますね(笑)

土曜で目立ったブラッドバイアスは中山ダート。
ちょっと幅広いですが、ロベルト、ミスプロ、リファール、サンデーが目立ちました。
そして迎えた千葉S。ニシノコンサフォスは前もって書いていたとおり注目していましたが、
ロベルト×リファールでドンピシャでしたね。
相手をいろいろ探していましたが、ティンバーカントリーは中山ダ1800は得意なので、ダ1200もいけるんじゃないかと思ってTARGETで調べてみるとイマイチで、8枠に限っては死んでました(笑)
ストラヴィンスキーもサッパリで、ジャンポケも違うタイキシャトルも違うクロフネもボストンハーバーでもない…結局最後に行き着いたのはビクトリーテツニーでした。
頭数が多いのもあるかもしれませんが、ミスプロの好走は目立っていましたし、先週日曜の京都芝のリファール天国で京都メインレースでリファールに母父ノーザンダンサーのテイエムカゲムシャもくっついてきましたし、
ミスプロ×ノーザンダンサーはありだなと思いました。
前走の根岸Sで0.4差と復調気配でしたし、泥んこ中山ダ1200といえば勝った08年カペラ賞。
今日もあの時も前残り馬場でしたけど、メインで早い馬が揃っていたりして後ろがズドンなんてよくあるパターンですしね。
あと何と言っても横山典が確変でしたからね。

阪神ダートは京都と打って変わって差しが利く馬場でしたね。

さて、長くなりましたがチェック馬へ。

◆中山2R
8番 メジロフランクリン
ティンバーカントリーは中山ダ1800逃げ、先行、マクリなら買い。
距離で見てみると単複回収値で100を超えるのは前走から延長の場合のみ。
中でも前走東京ダ1600は(5-3-6-27/41)勝12.2%連19.5%複34.1%単368複213
さらに母父グレイソヴリンは湿ったダートで一発がある。
今回は高橋智大に乗り替わりだが、ダートにおいて09年は2勝3着1回だけ。
ただその内の1勝3着1回は姉のメジロホリデイでいずれも不良馬場。
08年は一度も馬券に絡まずも07年1勝2着2回はいずれも湿ったダート。
騎手自身も湿ったダートと好相性のようで期待。

15番 カトルズラパン
クロフネは中山ダ1800の8枠が得意。

◆中山3R 
6番 ハセハイダウェイ
ワイルドラッシュは中山ダ1800逃げ、先行なら買い。

10番 カトルズメテオ
クロフネは中山ダ1800で同距離、短縮、延長のうち単複100を超えているのは実は延長のみ。
延長は中山2Rカトルズラパンも該当する。カトルズ2頭は中山記念に出ているショウワモダンと同じ馬主さんなので勝負かもしれませんね。

◆中山5R 
1番 ウエスタンエルザ
デビュー2戦目のジャングルポケット(芝)。
これはサラモバでもここでもとりあげましたね。
ただこれは牡馬のほうが圧倒的に良績なので今回牝馬のウエスタンエルザに期待しすぎは注意が必要(笑)
それでも調べ直すと前走と同距離が一番いいようですし、そもそもジャングルポケットは
中山芝2000(9-1-4-34/48)勝18.8%連20.8%複29.2%単329複132と一発がある。
しかも10連対中9連対は3枠以内と再度内枠なのも断然プラスになりそう。

◆阪神6R
2番 ホクセツキングオー
サウスヴィグラスは阪神ダ1200逃げ、先行なら買い。
これは皆さんご存知だと思います。
データ的に役立つのはこちらかな。
サウスヴィグラスは芝の昇級戦で(0-0-0-14/14)だがダートは(8-2-2-35/47)勝17.0%連21.3%複25.5%単82複52
さらに詳しく見るとその中でも前走同距離なら(7-2-1-17/27)、延長(0-0-1-10/11)、短縮(1-0-0-8/9)なので今回は買える条件。

あとまとめてしまいますが、
ジャイアンツコーズウェイ産駒が中山2R、中山10R、阪神12Rと3頭出ます。
産駒は湿ったダートが大得意なので買い目には入れておきたいですね。
大得意の中山ダ1800で近走イマイチのエアマックール。近走今までほど先手を奪えていませんが、どうでしょう。
スポンサーサイト