FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます
マーメイドS(過去8年分)

※2007年はAコース使用。
※2006年は京都Dコース使用。
※2001年~2005年はBコース使用。
※2000年はCコース使用。


(1)種牡馬
種牡馬

・サンデーサイレンス系の相性が良い。
 出走頭数が多いこともあるが、2002年(出走3頭)を除くすべての年で馬券に絡んでいる。
・グレイソヴリン系で馬券に絡んだのは2006年、2007年のサンレイジャスパーのみ。


(2)母父
母父

・ネヴァーベント系、グレイソヴリン系の相性が良い。
・ニジンスキー系は相性が悪く、人気での凡走が目立つ。
 ただし今年と唯一同条件の2007年はディアチャンスが馬券に絡んでいる。


(3)前走着順
前走着順

・前走5着以下で連対した馬はすべて前走重賞組。
 3着だった2006年オリエントチャーム、2001年サファイヤコーストは父サンデー系。
 2002年タイキトゥインクルは母父ネヴァーベント系だった。 
・前走10着以下で馬券に絡んだ馬はすべて前走重賞組でOP戦以上で連対経験があった。


(4)前走距離
前走距離

・データが少ないものの距離短縮馬は(0-0-0-6/6)


(5)前走人気
前走人気

・前走10番人気以下で馬券に絡んだ馬はすべて前走重賞組でOP戦以上で連対経験があった。
 3着だった2005年ミスパスカリは前走重賞組。2002年タイキトゥインクルは母父ネヴァーベント系だった。


(6)その他
・2番人気以内の馬が2006年(京都開催)を除いてすべての年で連対している。
・連対した馬は2006年ソリッドプラチナムを除いてすべて5番人気以内。
・前走ダートは(1-0-0-5/6)で馬券に絡んだのは2002年ヤマカツスズランのみ。
・レース間隔が10週以上は(0-0-1-9/10)で馬券に絡んだのは2003年ショコットのみ。


出馬表

開催時期が変わり同条件が今年のみと少しデータ的に不安はありますが、いつも通りで。
今回は連対ということに絞って印をつけました。
素直に人気、前走重賞(中でも混合戦)、実績を重視してこの2頭のワイド大本線と馬単裏表で。
あえて印をつけるなら以下▲レインダンス△ホウショウループ△ソリッドプラチナムです。
スポンサーサイト