FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます
今日も莫大な量です。
更新完了。

◆札幌1R
3番ニシノスローン
キングカメハメハは芝→ダ、距離大幅延長で一発ある。

9番サヤンクー
プリサイズエンドの芝→ダは(2-0-0-16/18)とイマイチ。
ダートにおいて距離延長は今のところ2着止まり。

◆札幌2R
3番クレバーアグネス
アグネスデジタルの芝→ダで買いなのは同距離か延長。

6番ヴェスパー
母は芝ではあるが、大幅距離短縮で馬券に絡んだことがある。
これといった馬もおらず、人気馬もそれほど信頼に置けないのでこの馬を軸にしてみても。


◆札幌3R
2番マスターコーク
フレンチデピュティは札幌ダ1700逃げ、先行ならとりあえず買える。

3番ナクノハオヨシ
ゴールドアリュールは半年以上の休み明けで一発がある。
ただ札幌ダ1700は8枠で買い。

◆札幌5R
5番リュウシンクイーン
スペシャルウィーク×ダンチヒ系は芝の新馬で(5-3-0-11/19)
先週もスペースアークが連対した。
ただ、母、兄弟ともに新馬戦で馬券に絡んだ馬がいないのは気になる。

◆札幌6R
11番チューベローズ
シンボリクリスエスは札幌芝2000が得意。
あと外枠ではないが、ホワイトマズルにも注意か。ジャンポケはマイナス。

◆札幌7R
2番ヒシソロモン
キングカメハメハは札幌ダ1000が得意。
良績は内枠に集中している。
前走は大外枠だったので見直してもいい。

6番ソークアップザサン
ステイゴールドは札幌ダ1000が苦手。

12番ダノンマイスター
ダート前走2着は連対か掲示板外かはっきりしている。
同コースだと(1-2-0-3)だが、札幌ダ1000だと(2-3-0-0)
デビューから×○×○でもあり、これらをどう見るか。

◆札幌8R
3番アンティックドール
Fusaichi Pegasus芝の昇級戦(0-3-1-16/20)とイマイチ。
ただデータ的には距離短縮より延長のほうが買い。デビューから×○×○

◆札幌10R
9番ヒカルプリンス
キングカメハメハは芝→ダで一発ある。
過去に芝→ダで実績あり。札幌ダ1700は逃げ、先行なら買える。

◆札幌12R
9番ルナエクリプス
スウェプトオーヴァーボードは札幌ダ1700が得意。

11番ボーカリスト
トワイニングの芝→ダ。

◆新潟1R
6番トミケンシャルム
マリエンバードの大幅距離延長。
ダ→芝は(3-1-0-55/59)だが、単回は128あり、連対したのはすべて距離延長でもある。
大幅距離延長、ダ→芝はの条件はウォーターセレネと被る。

◆新潟2R
8番トキノナスティア
データはかなり少ないが、ニューイングランドは新潟芝2200が得意。

◆新潟3R
7番トレジャーゲッター
ゴールドアリュールは新潟ダ1800逃げ、先行ならとりあえず買える。

12番アサクサフレンズ
データは少ないが、スウェプトオーヴァーボードは新潟ダ1800逃げ、先行なら買い。

◆新潟5R
6番ドロシーパーキンス
スキャン×ニジンスキー系はダートの新馬戦において(4-1-1-11/17)で単892複199

10番ショウナンアッパレ
フレンチデピュティ×プリンスリーギフト系はダートの新馬戦において(0-0-0-1/1)のみだが、
新馬戦は向きそう。
新潟ダ1200は逃げ、先行なら買いなので先手を奪えれば。

◆新潟6R
12番ドンダダ
スウェプトオーヴァーボード×サンデー系は芝の新馬でとにかくよく走る。
ただ、産駒は新潟芝1400は得意ではなく割引き必要か。

◆新潟8R
2番ラヴリードリーム
マイネルラヴは新潟ダ1200逃げ、先行なら買い。
休み明けは2着が多め。

5番レッドリップス
フレンチデピュティは新潟ダ1200逃げ、先行なら買い。

8番ウインペガサス
ジョリーズヘイローは新潟ダ1200逃げ、先行なら買い。
休み明けの一発もある。

11番チャームキャップ
この馬自身距離短縮だと(1-2-2-1/6)。
ただしキャプテンスティーヴは新潟ダ1200が苦手。

13番リバティープリント
データは少ないが、スウェプトオーヴァーボードは新潟ダ1200逃げ、先行なら買い。
ただ降級戦の成績はよくない。

◆新潟10R
8番オメガロンド
フレンチデピュティは新潟ダ1200逃げ、先行なら買い。

12番デイユアドリーム
トワイニングは叩き2戦目が得意。

◆新潟11R
3番ガッテンワン
延長短縮限らず400mのショックが効く馬。
チーフベアハートは新潟芝1600外で一発もある。

17番サウスティーダ
アドマイヤベガは半年以上の休み明けで一発。
データを見ても外目の枠もよさそう。

◆新潟12R
1番シンワラヴ
マイネルラヴは新潟ダ1800で一発ある。

14番ジェネラルノブレス
ゴールドアリュールは新潟ダ1800逃げ、先行なら買い。

◆小倉1R
14番シャーペンエッジ
データはかなり少ないが、クロフネは小倉芝2000外枠が合いそう。
1Rを見る限り、先手を取れればなんとか残っても。

◆小倉5R
2番フィクサー
データはかなり少ないが、キングカメハメハは小倉芝1800が得意。

◆小倉6R
5番ワンダーアサールト
スクワートルスクワートはダートで前走2着は(13-8-7-24/52)で複勝率53.8%はある。
そのうち同コースだと(7-1-6-11/25)と1、3着が多いのが特徴。

8番クリスマスキング
キングカメハメハは小倉ダ1700が得意。
既走馬が相手だが、兄のカリオンツリー(父エルコン)は既走馬に交じってデビュー戦3着。

12番ヤマトバンパク
バブルガムフェローは小倉ダ1700逃げ、先行なら買い。
データ的にも外目の枠もよい。

◆小倉7R
10番サアドウゾ
ゴールドアリュールは小倉芝1200逃げ、先行ならとりあえず買える。
ダ→芝も買い材料ではなく、減量も効きやすいわけではないが。
5枠からの枠買いもいいかも。

13番イナズマガイア
ボストンハーバーの小倉芝1200だが、良績は内枠に集中。
前走のタイムは優秀も前走2着の成績もよくないだけに嫌ってみても。

15番ヤマニンラシャス
サッカーボーイは大幅距離短縮で一発がある。
今回は減量でもある。

◆小倉11R
3番フロムスクラッチ
前走はなめられすぎだった。内枠の国分恭もいたし明らかに買いは前走。
今回このレース自体大勝負するほど旨味はないと思う。

5番エンジェルフェザー
ボストンハーバーは半年以上の休み明けは割引きが必要。

8番マルシゲヨカニセ
サウスヴィグラスは休み明け、減量で一発がある。

◆小倉12R
6番サムワントゥラブ
シンボリクリスエスは小倉芝1800が苦手。

10番スマートレディー
ジャングルポケットは小倉芝1800逃げ、先行なら買い。
データから外目の枠もよい。
この馬自身も小倉の相性よし。

11番アンプレシオネ
クロフネは小倉芝1800逃げ、先行なら買い。
データから外目の枠もよい。

13番プリンセスペスカ
チーフベアハートは小倉芝1800で一発ある。
ダ→芝、減量でもある。
スポンサーサイト