FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます
今日はデータ数が多いものから少ないものまで多少調べすぎたせいもあり盛り沢山で疲れました(笑)
多少でもお役に立てば。

とりあえずどこかの新馬と8枠のグラスワンダーで当てつつ太字で勝負のイメージです(笑)
こういう馬場だけに早いところブラッドバイアス、トラックバイアスを掴みたいですね。


◆札幌3R
5番プラチナグリッター
アグネスデジタルの連闘は人気ならとりあえず買える程度。

8番カシノコロン
コロナドズクエストは札幌ダ1000は得意ではないが、ダートの連闘は走る。

12番フェザーズビーン
芝→ダ、休み明け、大幅距離短縮のトワイニング。
トワイニングは札幌ダ1000で目立たないが、外枠は得意。
8枠で3連対のうち、1頭は芝→ダ、1頭は大幅距離短縮でもあるので、
これだけ大敗続きでも可能性はゼロではないかも(笑)
今回減量でもある。

◆札幌4R
3番アグネスアンデス
ホワイトマズルは札幌芝1200が得意。
芝の新馬戦も単複回100を超える。

◆札幌5R
3番ラグナロク
マイネルラヴは連闘で一発あり。
前走と同コースだと今のところ連対か6着以下はっきりしている。


◆札幌7R
8番キョウエイエルメス
ワイルドラッシュは札幌ダ1000が得意。
芝→ダでもあるが、近走不振な上に、一度ダで大敗している。
ダ1000で実績のある馬たちも揃い難しいレースになりそうだが、
テンの速さだけはあると思うので4角先頭で回るような競馬が出来れば
データからはきてもおかしくないが。

◆札幌11R
3番ギムレットアイ
タニノギムレットは札幌芝2000がイマイチ。
前走も降級で人気しながらも飛んだ。

9番スマートステージ
ジャングルポケットは札幌芝2000がイマイチ。

13番アオゾラペダル
ホワイトマズルは札幌芝2000で一発あり。

16番ネオベローナ
8枠のグラスワンダー。


◆札幌12R
3番ナカヤマスウェプト
スウェプトは札幌ダ1700が得意。
減量の一発もあるので持ちタイムがなくても。

12番ナイスシャトル
良馬場持ちタイム2位。
タイキシャトルは札幌ダ1700の8枠で(2-0-1-4/7)単回222複回92と好相性。


◆新潟1R
1番ハタノディアナ
タイキシャトルは新潟芝1200内枠で良績。
さらに逃げだと(6-0-1-5/12)単回454複回161と驚異。
内枠だけに押して逃げる形をとれれば。

8番カホマックス
クロフネは新潟芝1200逃げ、先行なら買い。

9番タカラハーバー
ボストンハーバーは新潟芝1200で一発あり。
ダ→芝でもある。

◆新潟2R
2番ナドレ
スウェプトは新潟ダ1800逃げ、先行なら買い。
ちなみにスペシャルウィーク、クロフネも逃げ、先行ならとりあえず買える。

◆新潟3R
5番フジマサエンブレム
タニノギムレットは新潟芝1800外は内枠より外枠で買いなので過信禁物かも。

◆新潟5R
9番ラブハミング
スペシャルウィークは新潟芝1400が得意。
新馬もそこそこ走るが、牝馬より牡馬のほうが走る傾向にはあるが。

◆新潟6R
10番プリンセスメモリー
スウェプトは芝の新馬、新潟芝1000が得意。

14番トロンプルイユ
アグネスタキオン×ミスプロ系は芝の新馬戦において(14-6-4-26/50)と1着が多い。

◆新潟8R
10番サムズアップ
8枠のグラスワンダー。


◆小倉1R
4番テーオーウィナー
母は2戦目芝→ダの距離短縮で一変。

5番コモスモディエス
母は2戦目減量ショックで3着。

6番エーシンリジル
フレンチの芝→ダ、距離短縮。
兄も芝→ダで一変。

9番トミケンパルテイ
タイキシャトルの小倉ダ1000は目立たないが、馬券に絡んだのはすべて5枠より外。

◆小倉2R
3番ワールドロレックス
Rock of Gibraltarは湿った馬場、距離短縮は買い材料ではなく、むしろマイナス。
ただ、未勝利~500万下において前走2着の信頼度は高く、複勝率70%超え、単複回収率も100超えではある。

5番マイプレファランス
母は夏の小倉で一変し、未勝利を脱出。
トプロは意外にも芝の不良馬場で一発あり、兄も重馬場で2着がある。
この馬自身も持ち時計がないだけに馬場はプラスに働きそう。

6番チャームタンポポ
小倉芝1200内枠のボストンハーバー。
ダ→芝でもある。

13番キングコーリンオー
キングヘイローは小倉芝1200逃げ、先行なら買い。
外目の枠もデータではよい。
キングヘイローだけに馬場も歓迎か。


◆小倉3R
1番チェンジ
小倉ダ1000のボストンハーバー。


◆小倉7R
7番ヨクバリ
ワイルドラッシュは湿った馬場で一発。持ちタイム3位。

11番ワイドヒリュウ
ジョリーズヘイローは不良馬場で一発あり。
小倉ダ1700は逃げ、先行なら買いだが、大幅距離延長はマイナス。
さらに外枠よりも内枠のほうが良績だが。

◆小倉9R
3番シアトルナカヤマ
小倉芝1200内枠のボストンハーバー。

17番アスターエンペラー
Aldebaranといえばダノンゴーゴー。
それだけにこの馬も1400より1200のほうがよさそう。


◆小倉10R
5番メリッサ
道悪得意のホワイトマズル。
福永騎手とは(0-0-0-4/4)だがすべて0.3秒差以内ではある。
この馬も外目の枠がよさそうなだけにうまく捌けるかどうか。

6番ボストンオー
以前とりあげた馬。
その後1400で連対したり、1200の短縮では馬券に絡めなかったりと変わってきている。
しかしここ最近の1200の短縮2戦はOPクラスでもあり、それほど負けていない。
今回は降級しての1400→1200だけにもう1度狙ってみても。
あとは馬場がどうでるか。

16番ベイリングボーイ
ここ最近は堅実な馬。
メイショウオウドウは小倉芝1200で8枠が1番出走回数が多いにも関わらず、連対は1回のみ。
ただその1回は同じ母父ネイティヴダンサー系のメイショウジギーでもあるのをどうみるか。
あとはこの馬場でもう一押しが利くかどうか。

◆小倉11R
14番ホーマンラフィット
芝→ダ、大幅距離短縮のフレンチデピュティ

◆小倉12R
12番ドリームライナー
Fusaichi Pegasusは芝において前走2着の複勝率は3割程度。
実際この馬も○×○というパターンであり、コースも得意とはいえない。



スポンサーサイト