FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます

震災の影響はどこへやら。
仕事場は終日フル稼働、来月からは輪番休日の影響で土日は仕事で競馬どころじゃありません。

来週は宝塚記念!
宝塚記念ぐらいは生中継でゆっくり見たいものですね。

東京のような左の外回りベストブエナとローズキングダム。
エイシンフラッシュも外回りがベストでしょうか。

ただオペラオーやサムソン以来大阪杯経由天皇賞を勝ったヒルノダムールにレコード決着でハナ差2着。
大阪杯をハイレベルと見るべきか。

ならば唯一先行勢で踏ん張ったキャプテントゥーレを推すべきか。
いや、2200は不安だし、楽に逃がしてくれるだろうか。
しかも○×○×○×○と完璧なリズムできてるので今回は×か。

そのキャプテントゥーレを力でねじ伏せたルーラーシップ。
この馬は外回りを4角でまくっていくのがベスト的な感じで望田さんが言っていたはず。

でも内回りなら内回りでもうまくまくっていけそうな気も。
ああ、この馬もキャプテントゥーレを上回る○×○×○×○×○である(笑)

でもそういえばCMがサイレンススズカ。
エアグルーヴとサイレンススズカ、2頭のお手馬がいた武豊。
先約でエアグルーヴだったのかな。

今年は…トゥザグローリーとルーラーシップ、2頭のお手馬がいた福永祐一?(笑)

とりあえずエイシンフラッシュかルーラーシップ。
夢はナムラクレセントなのですが(笑)

しかし、

ローズ、エイシン、ルーラーとテン乗りが多いのもどうでるか注目ですね。
スポンサーサイト



◎アパパネ
○サンカルロ
▲リーチザクラウン
△ダノンヨーヨー
△ジョーカプチーノ

ひどすぎ(笑)

反省会といいますが、後付けとかして自分を納得させる会って感じですね。

アパパネはレース後のコメントや、サラモバのレースインプレッションを見ましたが、
一生懸命走るタイプだけに消耗が大きいとかなんとか。実際に安田は中2週。ふむふむ納得した。

スマイルジャックについては今年と去年のマイラーズCを単純にタイムで見ていましたが、今年のほうが良い。
安田記念でペースが上がるのはほぼ分かっていたことで、今度は差せるかな。
ただ戦前言ったように三浦をどうしても軸にはできません。
が、きましたね3着。でも直線は内から一気に外に持ち出していましたね。

そいでマイラーズCで2着のクレバートウショウもここで好走。ふむ納得。
シルポートはやはりこの舞台では逃げ残るのはムリでしたね。

京王杯SC組は2000年からのデータで、前走4着以下で(0-2-1-34/37)
2002年ダンツフレーム2着(京王杯4着)
2000年ディクタット2着(京王杯6着)
2000年キングヘイロー3着(京王杯11着)

まで遡るんですね。
2000年の安田は1000m通過が58.6秒と他と比べると極端に遅かったのも要因なのでしょうか。

そもそも京王杯組自体(2-3-2-56/63)とヒドイもので、前走3着以内でも(2-1-1-22/26)と悲惨です。
最近だと2009年ファリダット、その次で2005年アサクサデンエン。
ファリダットは3着でしたし、近年は相性最悪ですね。

まあこれは短距離界のレベル低下?とかも多少あるのでしょうか。

望田さんの記事
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/1c18bc01c07823423909e99b59609819

を見ても今回京王杯組で馬券に絡んだのは母父ミスプロのストロングリターン。
最近のファリダットもキングマンボ、アサクサデンエンも母父ミスプロ。ふむ納得。

サンカルロ。
阪急杯とスプリンターズSを見て、めちゃくちゃ強いなと。
これは阪神が得意なのかもと思って、京王杯は評価を下げました。
で、今度は人気落ちすぎと。これなら買おうと思いましたが、ボリクリ×ミスプロ違いでした(汗)

ジョーカプチーノはNHKマイル勝ってとはいえ他メンバーと比べると距離が不安。
オークスでもダービーでも距離延長で痛い目に合っているのであまり推しませんでした。△つけましたが(笑)

京王杯ワンツースリー組で比べた結果、距離が伸びていい(というか大丈夫)のは戦績を見てもそれこそサンカルロじゃなくてストロングリターンだよなぁと後悔。

来年に活かしましょう。


おまけ。垂水S。

パっと見、どう見てもトップゾーンとダノンスパシーバしか見えませんでした。
今の自分にはこのワイドにドカンいける勇気がありません。

いやいつもないか(笑)

とにかく変に自信があったのでとりあえず三連複は、ほぼ抜け目なくおさえました。
三連単は失敗…。

無題

やはり準メイン、メインあたりの関西圏中長距離レースが一番自分には合いますね。

オークスのエリンコートで湿った馬場のストームバード系を思い知らされ、
ダービーでもウインバリアシオンで湿った馬場のストームバード系を再認識し、距離適正の重要性も合わせて思い知らされた。

オークスの反省でウインバリアシオンももちろん目には入りましたが、結果的には嘘故障?の噂に負けました(笑)

オッズからもコティリオンを◎にしましたが大失敗。

距離は違えどこれらをふまえて安田記念。

ここにブエナがいればまず負けない。
そのブエナに勝ったアパパネが2倍台もつく。
素直にこの馬か。

でもマイラーズCで負けてるじゃん。
休み明けなのでノーカウントか、負けているシルポートやダノンヨーヨーのオッズがおいしいでそれを狙うべきか。

いやいややっぱりアパパネだ。
しかし心配なのは枠。
ウオッカじゃないけど、包まれる可能性も十二分にあると思います。

じゃあ何がうまく捌いてくるか、分からん。
スマイルジャックは三浦を本命にはできない。

勝っても人気のしないシルポート。でもこういう馬はG1じゃ軸にするべきではないかな。

シルポートが作るハイペースなら、最後に突っ込んでくる馬は!?

京王杯ではジョーカプチーノ>サンカルロは間違っていなかった。

うーむ。

◎アパパネ
○サンカルロ
▲リーチザクラウン
△ダノンヨーヨー
△ジョーカプチーノ

こんなもんかな。