FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます
土曜の傾向を。

中山ダートは先行有利。
阪神ダートは先行有利。リファール系が爆発。
小倉ダートも中団より前有利。外枠が爆発。

後は簡単に。


◆中山1R
12番トウショウドライヴ
デュランダルの中山ダ1200をもう一度狙ってみたい。

◆中山5R
15番ナカヤマスウェプト
休み明け、減量とスウェプトの典型的な激走君。

◆中山8R
11番マツリダガッツ
お手馬にロザリオという馬がいるが、400m以上の大幅距離延長では複勝率100%である。
一応この馬もジャンポケ産駒でそれに乗っかってみたい。
それに、内田騎手とも複勝率100%、中4週~6週も複勝率100%と買い材料が多い。

◆中山9R
5番バロンビスティー
こちらも休み明けが得意なスウェプト。

◆小倉3R
16番ファイアアロー
先行馬が多く崩れればこの馬がチャンスか。
1200では末脚は確実で、いかにも距離短縮でというパターン。
しかし前が残ればアドマイヤマックス×ボストンハーバー、スペシャルウィーク、タキオン全兄フライト、グランデラと小倉芝1200巧者も多いのは事実。

◆小倉4R
2番フクラムサイフ
前走新馬戦のジャングルポケット(芝)。
同距離だと1着が多い。2年前のデータですがw
小倉芝2000も得意。

ちなみにタキオンも得意で、特に外枠や差し馬に注意。
スポンサーサイト



とりあえず距離に関して。
ダイワスカーレットも、ドリームジャーニーも、ブエナビスタも、ダイワメジャーも2500は長いと思うけど足りている。
能力に関して。
アドマイヤモナークでも、エアシェイディでも、古くはアメリカンボスやダイワテキサスでも足りてしまう。

というコースが中山2500。
金満ではシルクジャスティスが勝った頃は、JCで差し損ねた馬を狙えて的なことを言われていたのを鮮明に覚えている。
アドマイヤモナークはJC上がり2位タイだったものの、12着だったし、実力的にもさすがにねーわと思ったものである。


ブエナビスタもローズキングダムも強い。

ただ、2頭とも東京コース>他コースだと思う。
強いから関係なかったという結果になるかもしれないけど、取りこぼす可能性もあると思う。
それは歴史が示していますから。

問題はペースと前掛りになるかとうかですよね。
スローぽいですし、でも外人多いし…。

狙いたい馬がほぼ内に入っちゃったわけですが、何頭かとりあげてみますね。

◆ヴィクトワールピサ。
1枠1番ですか。おかげで本命候補です。
内枠ならリアルインパクトのように内を…と思ったらベリーじゃなくてデムーロですか。
まぁ、この枠ならやることは一緒でしょう。
一瞬の脚は凄いはずなので4角のどの位置から仕掛けるかですよね。
皐月のようにか、マツリダみたいにもっと早くか。
たとえスローでも中山ならブエナやローキンよりも一瞬の凄い脚で内からすくえばチャンスはあるかと。

◆ネヴァブション
今年はG1でも善戦マンで、金満ラーは特に穴で狙っていることでしょう(笑)
でもあまりにもあからさまに臭い典型すぎて、ホントにくるのか怪しいと自分は思っていますw
去年は後藤&エアシェイディが着狙いでお世話になりましたが、今回は乗り方が難しいかなと。
スローならなおさら。番手つけて早め早めにいくのかな?

◆ローズキングダム
ダービーでは大本線で複を仕留めましたが、JCは2、3着付けでした。
あんなに強いとは思ってませんでした。
ただ、さっきも言ったとおり右回りでパフォーマンスをやや落とすんじゃないかと。
ここで勝ち負けしたら来年は心中してもいいかもしれません。

◆ブエナビスタ
この馬も上に書いたとおりで特に書くことはありません(笑)

◆ダノンシャンティ
骨折明けですけど、休み明けは最近走ってるもんなぁ。
まぁ常識的には厳しいでしょうが。
距離が長くてもどうにかなるレースで、これだけすごい馬なら、スローを前目につけて競馬すれば、ドリパスを一回りもふた回りも上回った競馬ができてもなんて勝手に想像していますが。
まぁ、ドリパスは同じフジキセキでも距離が伸びるほどいい(高田談)なんていわれていましたが。

◆エイシンフラッシュ
内回りは休み明けの皐月を除いてパーフェクトなんですよね~。
3歳の中でもこの馬だけは未だによく分かりません…(笑)

◆ドリームジャーニー
今回は人気しないのかな?
宝塚のドリジャやJCのオウケンなど、終わった馬とか今回は無理的な世間評は信用していいと自分では思っています。
しかも去年はハイペがどハマリで、今回スローってのも厳しいのは間違いないでしょうね。

◆オウケンブルースリ
ドリジャじゃないですが、この馬もダメかな?
と思いつつもこの馬は買いたい1頭なんですよ。
広いコースで切れる馬ですけど、トニービン系×ヴァイスリージェント系なんて、冬の中山をパワーでズドドドドと走ってもいい気がするんです。
ペルーサよりかは器用な脚があると思いますが果たして。
グラスワンダーが冬に走るというのは皆さん知っていると思いますが、ジャンポケもそう言えると思います。
3ヶ月毎に区切ると、芝で一番勝ち星の多い重賞は10~12月で9勝、ついで1~3月、7~9月の4勝です。
単複回も10~12月だけ両方100以上です。
あとは同じジャンポケ×ヴァイス系のジャングルケイが叩き3戦目でよく走っていますし、オウケンも去年のJCがそうでした。

◆ペルーサ
JC差し届かず、ブエナと並んで上がり最速タイです。
この馬もオウケンと同じく東京でドーーーンという感じの脚が使えると思うのですが、中山では器用な脚が使えるのかな?と思います。
がしかし、どこかのブログでペルーサはゼニヤッタをすればいいと書いていました。
簡単に言うとブレーキをかけず徐々にスピードをあげていくってことです。
金満スレ>>550に「右回りのほうが」とちょうど書かれていますが、なるほど。
自分としてはコーナーが多いほうが、流れにうまく乗れるというか、コーナーを使って徐々にスピードをあげて行けれるんじゃないかと勝手に想像しています。
ただ、ドリジャじゃないですが、小回りだとハイペースをドーーーーーンって感じなので、スローだとちょっと疑問ですが。

秋天もJCも◎ブエナ○ペルーサ、JCはローキン2着3着付け、ピサ消し。
こんな人間の見解です(笑)

戦法や馬の状態は全然把握していないので、これから最終結論を出して行こうと思います。

相変わらず不定期ですみません(苦笑)
朝日杯は先週から内枠に入ればリアルインパクト一択でした。
中山は先週も前有利だったことと血統ですね。
血は水よりも濃し 望田の競馬blog(10/25分)でも書いてますし、血統を見てもパワー型は一目瞭然で、中山ならさらにパフォーマンスをあげるだろうと。
あと望田さんのブログで一番共感するのはサンデー×リファールにおけるハイインローのところですね。
ディープ産も非凡な馬が多いと言われているものの、大舞台では2、3着が多くなると予想します。
新潟2歳Sも伸びない内を通った分…と角居さんが言っていましたが、そこは血もでたのではないかと思いますし、2勝馬が少ないといわれているのはそれが原因かなと。
ただ今回は小回り中山となると押し切れると思いましたが…。


馬券は複勝と馬単、ワイドとちょろちょろと買いましたが、微増程度のプラスでした…。
こちらは逆に血統に泣きましたね。ヒモ抜けです、バクシンオーってw(笑)
望田さんがとり上げていたバクシンオー×サンデーは1200<1400説で、ただのバクシンオーではない。
そして外人だと距離が少し持つ。とかでしょうか、理由をつけると。

今年のG1は買わないレースもチョコチョコありますが、
ダービーはローキンの複勝、オークスはサンテミリオンの複勝、菊花賞はビッグウィークの複勝と、
G1では複勝のヒットとおいしいオッズにありつけているのでG1は複勝勝負がいいかもしれません。
馬券の買い方は永遠のテーマですが、しばらくG1ではそうしてみます。


さて先週の日曜の話です。土曜は競馬を観戦していたので傾向は頭の中にありました。
阪神ダートは前有利、ダマスカス、ストームキャット、ニジンスキー、それとロベルトがちらほらと
目立ち、パワー型かなと把握。

阪神2Rはロベルト軸で穴に母父ニジンスキーで8枠のキンカメってことでクラシカルノヴァ、
ホワイトマズル×母父オジジアンでいかにも前で粘ってというホワイトスパルタンを買いましたが、
軸のロベルト違いで悔しい思いをしました…(涙)

101212_1100~01


ところで、最近「単勝1倍台でアツいのはどのクラスなのか?」というのを知り合いと話しまして調べたんですよね。
すると意外にも新馬戦がすばらしい!!一方ひどいのは未勝利戦。みなさんご存知でした?

小倉4Rの新馬は1.7倍のロードエルドールを軸に、小倉ダ1700(ローカル)をイメージして馬券を購入。
クロフネ×トニービン、スキャン×フォーティナイナーが2、3着でめちゃくちゃおいしい馬券をゲットできました。
101212_1143~01
馬単7940円×300円 三連複31260円

この日はこれで勝ち逃げしました。

2009年と2010年のデータだけ雑ですが、まとめて貼ります。

無題

2010年は1.4倍以下の馬は全戦全勝。(うち14戦中、芝が12戦)
2010年のダは3着以下8戦すべて1400m以下。
2009年のダは1800mの4着以下が2戦あるが2戦とも3歳戦。
2010年のダは4着以下5戦中3戦が武豊。

TARGETがある方は配当も見るといいと思います。特に今年は高配当が多いです。
芝において馬券に絡んだ44戦中8戦が3連複万馬券、最高配当67700円。
ダにおいて馬券に絡んだ18戦中5戦が3連複万馬券、最高配当56950円。

ではまた。
◆中山1R
16番ロンスヴォー
デュランダル産駒は芝→ダ(6-3-4-49/62)単回244複回107。
中山ダ1200(4-5-0-17/26)単回196複回103。
母父Grand Slamはいかにもダートだし、姉のピエナリリーは芝→ダで実績もある。

◆中山3R
2番ショウナンサージュ
マンハッタンカフェ産駒は中山芝1600で1~3枠なら複回100を超える。
東京より中山のほうが良さそうで、まだ前有利なら内枠で粘りこみがあっても。

◆阪神4R
12番カネトシファイター
ゴールドアリュール産駒はダートの新馬において(14-12-12-65/103)単回177複回123。
阪神ダ1400(7-8-3-48/66)単回288複回138。
両方の条件を含むと(0-0-0-2/2)だし、兄弟は未勝利ばかりだが、得意の新馬戦とコースなら穴をあけても。

◆阪神5R
13番タカノコウモン
ジャングルポケット産駒は新馬戦において芝1200なら(4-5-2-19/30)単回164複回172。
母父サンデーサイレンス系なら(6-10-10-43/69)単回83複回133。
両方の条件を含むと(1-3-1-3/8)単回445複回387。

◆阪神10R
16番メイショウドンタク
マンハッタンカフェの大幅距離短縮と半年以上の休み明け。
トップハンデながら降級戦でもある。
オッズ的に完全にナメられているが、ジョーカプチーノ、サンディエゴシチー、
ヒルノダムール、ゲシュタルトに続けるか。


◆小倉1R
10番サイクロニスト
芝→ダのワイルドラッシュ、大幅距離延長もデータを見直すと決して買い材料ではない。
ワイルドラッシュ×トニービンといえばトランセンド、クリールパッションと活躍馬が多い。
芝→ダとなると同じくイマイチ。
ただし、トランセンドがJCDを制し、オウロプレットが土曜に激走。
土曜は小倉でもトーホウアレスとプティマカロンがダ1700でそれぞれ人気に応える快勝と、
血の勢いは一番。
血統的やデータ的にはシナルとこの馬ほぼ1点で仕留めたいところ。

11番シナル
キングカメハメハの芝→ダ。
距離延長、小倉ダ1700、8枠とすべてプラス材料。

◆小倉2R
4番ゴールデンアタック
スターリングローズ産駒はとにかくダ1000が一番の稼ぎ場。



中山は特にダ1800にクロフネやらワイルドラッシュやらたくさんいるので当日考えたいと思います。
久々の更新だった訳ですが、久々の影響か(言い訳です笑)
阪神9Rマイネルシュトルムを完全に見逃しておりました(汗)
そう、忘れもしません、2009年7/12回顧◆買って下さいと言わんばかりのキタサンチーフ
チーフベアハートの阪神芝2200ですね~。
ここでは挙げていませんが、頭にはもちろんこのデータは入っているので本命で買いました!!
が、痛恨のマークミス抜け…。
休養明け、しかも骨折明けなのに買えた理由は…阪神7Rにあります。

ドクターラオウ、なんで500万下にいるんだ!?単勝で7倍つくだと!?こんなの鉄板に近いだろうと。
この馬は3歳春までは見ていたし、新聞見ると1000万下でも好走。
降級のここはと思いきや、休み明けの+32kg。
結局半信半疑の購入で三連単9-15の1、2着裏表固定、阪神ダ1400は外枠有利なので、
外枠流して買ってなんとか当たりましたが、ここで決意。

休み明けでも臆するな、休み明けだからこそこんなにオッズがつきおいしい。
ここで来て次買うときはオッズがつかない。後悔だけはダメだと。

そいで、マイネルシュトルムから馬連流すもキタサンアミーゴをマークミスで抜け。
三連複もマイネルから3、10固定流しで外れました、トホホ。

それはそうとこの馬しかり、土曜日は冬にも関わらず休み明けの激走がかなり目立つ1日でしたね。
それに大穴も目立ちました。

阪神12R、ライジングバイオは買えましたか??
私はベルモントサーガとフラッグラッシュから流しものの見事に抜けました(笑)
しかし後で見ると買える材料はあったのです。

キャプテンスティーヴはダ1800で単回144複回116と好走率は高くないものの回収率はかなり優秀です。
コース別だと
無題1
新潟以外は優秀で、これは意外と言えるのではないでしょうか。
個人的にはまさかこんな種牡馬(失礼)が多くの競馬場で結果を出している距離があったとはと、意外中の意外でした。
それに金満だとオジジアンが有名でしょうか、同じダマスカス系らしく前にいければしぶといのは、
ライジングバイオの戦績を見ても分かります。
無題

キャプテンスティーヴ産駒については数度とりあげたことがありますが、
昇級戦、連闘は苦手というのも覚えておくとよいでしょう。
以前は前走2着はイマイチ(連荘が利かない)でしたが、再度調べるとその傾向はなくなってきたようです。

そして粘り強いといえばワイルドラッシュ。
中山10Rでもオウロプレットが大穴をあけました。
このレースは賭けていませんでしたが、配当をみてまさかこんなに人気がないとはと唖然としました。
ちょうど下にある7/25のブログでもちょこっと書いて本命候補にしているとおり、
1000万下にいるような馬ではないし、それは1000万下の戦績を見てもお分かりでしょう。
ではなぜ人気がないのかなと思いきや、1600万下では惨敗続きだったんですね。
私の見ている新聞ではちょうどその部分が載っていなくて後でTARGETで知りました。
この馬もワイルドラッシュの典型で、前にいければしぶといんでしょうね。
今日のレースも交わされそうで凌ぎ切りました。
ワイルドラッシュは明日のチェック馬にもあげていますのでぜひ。
無題


そんな中会心の一撃は…

101211_1515~01
阪神10R六甲アイランドS 馬連1-13 28330円

1番トーセンイマジゲンを買えた理由は
1.終いがしっかりしている
2.相変わらずわりと前有利であるが、先行馬にこれという馬がいない
3.それなら外をぶん回す馬より内で立ち回れる馬
4.穴ぐさ

騎手も秋山ということで、マハーバリプラムのヤラズなんてこともありましたが、
知っている人は知っていると思いますが、中京ではけっこういい騎乗をするので、
内枠でも立ち回ってくれると信じ、詰まったら仕方ないと思って買いました。
ドスローとはいえ9Rで4着のキンショーオトヒメは内でじっとしあわやというところまできましたからね。
やっぱ内枠かなと。
で、10Rは4着とのワイドも持っていたので惜しかったです。

逆に買ったサングレアズールを買った理由は、
ファンタジーSのクロフネ1、3着、2着も母父ヴァイスリージェント系の印象がめちゃくちゃ強かったからですね。
京都1400外回りと言えど、クロフネのオディールやベストクルーズが、連対し、
エイムアットビップ、イナズマアマリリスが粘ったり、個人的にも外回りってイメージがしないんですが、
今年は血は水よりも濃し 望田の競馬blog(11/6分)にもありますとおり、今年はより上がりがかかりかかり、
よりクロフネ色が強かったことから、阪神内1400なら同じような考えでいいだろうと思い抑えました。
それに何と言っても、この馬自身○×○×○×というものの見事なリズムもハマりましたね。
無題
夏の小倉ですか(笑)

◆中山2R
4番ティアップゾフィー
芝→ダのスペシャルウィーク。
中山ダ1800は逃げ先行なら買いの材料。

◆阪神3R
11番シゲルリジチョウ
切れる脚のあるグラスワンダー。
届かないけど(笑)
ただ、先週の日曜日は差しの利く馬場だったし、
10Rではマヤノトップガン、グラスワンダーが2、3着で穴をあけた。
これまでは前残りに泣かされている部分もあるしここなら。

◆阪神4R
1番テイエムドンマイ
プリサイズエンド×ミスプロ系は芝で2戦しか連対しておらず、
1頭は重馬場、もう1頭はこの馬の初戦。
穴馬を言うよりも阪神芝の外回りでどれだけやれるか注目したい。
メンバー的にはドスローの予感で粘りこめれば。
ということなら初戦でマクリ気味に進出したアドマイヤラクティから攻めるのがいいかも(笑)
外回りのキンカメもいるが、物足りない印象も。
ただもちろんおさえてはおいたほうが。

◆阪神10R
8番マイネエスポワール
言わずと知れた阪神1400巧者。
叩いて良くなる馬で、差しの利く馬場ならさらに前進も。

◆小倉5R
5番アムネリス
叩き3戦目のサウスヴィグラス…と思ったら、
調べ直すと回収率がグッと下がっている。
ただし、前走好走、もしくは惨敗なら回収率は高い。
前走と同距離でも一応100は超える。
オッズと見てもおさえたい1頭。

◆小倉9R
1番ハナノシンノスケ
チーフベアハートの大幅距離短縮。

◆小倉11R
7番ゲシュタルト
相変わらずマンハッタンカフェの大幅距離短縮は健在で、
スワンSのジョーカプチーノ、キャピタルSのサンディエゴシチー、
鳴尾記念のヒルノダムールとここ最近は特に目立つ。
ちなみに今年だけ調べると穴では8.10.11.14番人気で馬券に絡みと穴も多い。
半年以上の休み明けも相変わらずで、両方の条件が重なったジョーカプチーノは
最高の狙い目だったというわけですね。
6月5日阪神8Rもプレザントブリーズもこの両方の条件で14番人気ながら激走しました。
さて、話は戻って。
最初に言ったとおり、ここ最近は好走が目立ちますし、
それは3歳がレベルが高いということかもしれません。
というわけでこの馬も仕事をしてくれないと困ります(笑)

◆小倉12R
2番トーコーブロンコ
小倉芝1200内枠のマイネルラヴです。
1~3枠なら複勝利は100を雄に超えます。

5番トロンプルイユ
タキオンの小倉芝1200の成績はイマイチも、
先手を取れる馬ならしっかり馬券内に。
戦績を見る限り、順張りタキオンで0.4差4着も問題なさそう。