FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます
秋競馬も始まり楽しみな重賞ばかりですが、
競馬を見る暇もなければTARGETを開く暇さえもありません。
その間に金満スレはひどいことになってたようですが…。

さて、今日も時間がありません。
おなじみのデータのみで。

◆スペシャルウィーク産駒◆
札幌2R 4番 イイデエース
中山2R 5番 マイネアリス
阪神2R 6番 レッドジール

3頭に共通するのは芝の未勝利戦、前走2着。
この条件でも激アツなのが1番人気。

(24-4-8-8/44)勝54.5% 連63.6% 複81.8% 単122 複98

牝馬なら(12-1-3-0/16)で複勝率100%、単複回100超。
1、2番人気なら8戦連続馬券に絡んでいる。
3頭のうち1、2番人気になれば買い。



◆タニノギムレット産駒◆
中山9R 8番 セイウンバリュー
阪神8R 4番 ハギノジョイフル

2頭に共通するのは芝、前走2着。

(22-19-11-26/78)勝28.2% 連52.6% 複66.7% 単131 複112

とこれだけでもかなり優秀。
人気だとさらに信頼度は高まり

1番人気(10-9-5-8/32)勝31.3% 連59.4% 複75.0% 単69 複92
2番人気( 6-7-1-4/18)勝33.3% 連72.2% 複77.8% 単147 複126
3番人気( 4-3-2-2/11)勝36.4% 連63.6% 複81.8% 単256 複199

で1~3番人気だと5戦連続馬券に絡んでおり、
1戦を挟んでその前は8戦連続馬券に絡んでる。



◆ゴールドアリュール産駒◆
中山3R 3番 イニシュモア

ゴールドアリュール産駒はダート未勝利において

(14-9-12-78/113)勝12.4% 連20.4% 複31.0% 単212 複156

と単複回はかなり優秀。
全体を見てもダートでは

1番人気(6-5-1-3/15)勝40.0% 連73.3% 複80.0% 単99 複109

前走2着(6-1-2-5/14)勝42.9% 連50.0% 複64.3% 単139 複98

とデータは少ないものの優秀で人気に応えている。



◆ワイルドラッシュ産駒◆
札幌9R 9番 シルキーワイルド

ワイルドラッシュ産駒はダートの連闘で

(4-1-4-7/16)勝25.0% 連31.3% 複56.3% 単543 複159

人気での信頼度も高い。



と人気どころばっかりでしょうが、これらを軸に穴ぐさを絡めつつしっかり馬券をとりたいですね。

あとは阪神7R16番ドリームローズに注目です。
スポンサーサイト




◆札幌2R 12番 セブンシークィーン 【ダート8枠のコロナドズクエスト】

産駒:コロナドズクエスト
枠番:8枠
馬場:ダート

(9-8-2-26/45)勝20.0% 連37.8% 複42.2% 単94 複94

8枠だと勝率、連対率1位、複勝率2位。

産駒:コロナドズクエスト
前走馬場:芝→ダ

(6-5-7-31/49)勝12.2% 連22.4% 複36.7% 単58 複120

さらに今回は芝→ダ替わりでもある。
そもそも

産駒:コロナドズクエスト
馬場:ダート
前走距離:

同(15-17-13-68/113)勝13.3% 連28.3% 複39.8% 単54 複89
延長(3-3-3-57/66)勝4.5% 連9.1% 複13.6% 単18 複26
短縮(9-8-5-42/64)勝14.1% 連26.6% 複34.4% 単80 複87

と延長より同距離、短縮が得意。
なので短縮の今回は8枠、芝→ダの成績がさらによくなる。
母は芝→ダ替わりで凡走してるが、この条件なら。

◆札幌5R 3番 パルクエスト

産駒:コロナドズクエスト
コース:札幌芝1200

(3-0-1-2/6)勝50.0% 連50.0% 複66.7% 単223 複131

データが少なすぎて挙げるほどでもないかもしれませんが、一応。
1番人気は3頭いたがいずれも馬券に絡んでいる。
新馬(芝)も(8-3-5-35/51)とダートほどではないものの複勝率31.4%はある。
買うなら無難にこの馬からと言ったところ。

◆札幌8R 3番 ナイツブリッジ 【ダ1000のGrand Slam】

産駒:Grand Slam
距離:1000
馬場:ダート

(10-5-4-12/31)勝32.3% 連48.4% 複61.3% 単202 複135

前回もお世話になった馬。
1番人気も(6-1-3-2/12)で複勝率83.3%を誇り単複回値とも100超。
札幌ダ1000も(3-2-2-4/11)で複勝率63.6%。

◆札幌8R 7番 メジロアニマート 【芝→ダのフレンチデピュティ】

産駒:フレンチデピュティ
前走馬場:芝→ダ

(38-28-26-156/248)勝15.3% 連26.6% 複37.1% 単135 複115

とこのデータ数ではかなり優秀。
さらに絞って

間隔:

10~半年(6-10-1-31/48)勝12.5% 連33.3% 複35.4% 単188 複133
半年以上(8-2-5-11/26)勝30.8% 連38.5% 複57.7% 単424 複274

と間隔があいた時の一発はかなり魅力。
札幌ダ1000も(4-4-3-21/32)複勝率34.4%で単複回値は100超。
ただ今現在、近走の成績と比べると完全に穴人気。
陣営は500万下ならあっさり勝つ力はあるが、イレ込み癖がネックと言っている。

◆札幌11R 12番 ナムラハンター ダート8枠のワイルドラッシュ】

産駒:ワイルドラッシュ
枠番:8枠
馬場:ダート

(5-9-2-45/61)勝8.2% 連23.0% 複26.2% 単161 複117

回収率は優秀。
札幌ダ1700は(0-2-0-7/9)



◆中山2R 12番 マルタカハンター 【中山芝1600のキングヘイロー】

産駒:キングヘイロー
コース:中山芝1600

(4-5-4-47/60)勝6.7% 連15.0% 複21.7% 単135 複140

回収率は優秀。
さらに絞って

脚質:
逃げ(1-0-1-3/5)勝20.0% 連20.0% 複40.0% 単92 複138
先行(2-5-2-12/21)勝9.5% 連33.3% 複42.9% 単348 複327
中団(0-0-1-17/18)勝0.0% 連0.0% 複5.6% 単0 複38
後方(1-0-0-15/16)勝6.3% 連6.3% 複6.3% 単21 複11

逃げ、先行だと信頼度が一気に上がる。
デビュー戦は逃げて3着。
開催3日目でこの条件の今回は押切十分。

◆中山4R 8番 スイートコルドバ 【芝→ダのシンボリクリスエス】

産駒:シンボリクリスエス
前走馬場:芝→ダ

(9-8-4-65/86)勝10.5% 連19.8% 複24.4% 単179 複106

さらに絞って

前走着差:

負~0.9(6-6-1-10/23)勝26.0% 連52.1% 複56.5%
負1.0~(3-2-3-53/61)勝4.9% 連8.1% 複13.1%

と0.9秒差以内なら勝負になる。
要注意馬さんが言っていた母方米国血統でさらにアツイかも。
一度ダ替わりで惨敗しているが、前走距離短縮、減量で変わり身を見せたので今回も期待。




◆阪神2R 12番 オスカルフランソワ 【ダート8枠のワイルドラッシュ】

産駒:ワイルドラッシュ
枠番:8枠
馬場:ダート

(5-9-2-45/61)勝8.2% 連23.0% 複26.2% 単161 複117

回収率は優秀。
8枠だと大敗からも平気で巻き返すことが多い。
阪神ダ1800も(4-2-3-16/25)複勝率36.0と優秀。

◆阪神5R 8番 ピサノフジ

産駒:フジキセキ
コース:阪神ダ1800

(18-19-12-113/162)勝11.1% 連22.8% 複30.2% 単128 複89

とまずまず。
さらに芝→ダ、前走0.9秒差以内に絞ると
(1-1-3-4/9)と一気にデータが少なくなるが、こちらもまずまず。
武豊はダートでも大丈夫と言っている。

本日は仕事の為お休みします。
更新中。

本日も重賞のツボはお休みします。

◆中山6R 15番 ヤマニンピボワンヌ 【中山ダ1800のスウェプトオーヴァーボード】

産駒:スウェプトオーヴァーボード
コース:中山ダ1800

(0-3-4-6/13)勝0.0% 連23.1% 複53.8% 単0 複299

データが少なく勝ち星はないものの複勝率、複回値はかなり優秀。
同産駒はダ1700、1800においてスプリントに比べると勝率は下がるものの複勝率は上がる。

◆中山12R 3番 ディアディライト 【中山ダ1200のGreen Desert】

産駒:Green Desert
コース:中山ダ1200

(1-6-1-5/13)勝7.7% 連53.8% 複61.5% 単15 複75

データが少なく同じ馬、未勝利、人気ばかりだが、適性はあると言ってよさそう。
陣営はこのクラスでは力が違うと思っている。

◆中山12R 13番 ファイナルスコアー 【中山ダ1200のFusaichi Pegasus】

産駒:Fusaichi Pegasus
コース:中山ダ1200

(3-4-2-9/18)勝16.7% 連38.9% 複50.0% 単41 複102

こちらもデータが少ないものの優秀。
この馬自身も未勝利勝ちした条件と全く同じになるのはプラスか。




◇阪神1R 14番 メトロノース

産駒:アドマイヤコジーン
前走馬場:芝→ダ

(1-1-1-53/56)勝1.8% 連3.6% 複5.4% 単8 複17

過信禁物。
ただアドマイヤコジーン産駒はダートで唯一2勝をあげているのは阪神ダ1400ではある。

◆阪神5R 8番 タニノネグローニ 【阪神芝1800外のタニノギムレット】

産駒:タニノギムレット
前走馬場:芝→ダ

(0-6-4-9/19)勝0.0% 連31.6% 複52.6% 単0 複147

まだ勝ち星はないものの複勝率、複回値は優秀。
ただし新馬(芝)は(10-9-11-95/125)で複勝率24.0%と良いとは言えない。

◆阪神7R 2番 ハギノジョイフル 【前走2着のタニノギムレット】

産駒:タニノギムレット
前走着順:2着
馬場:芝

(22-18-11-26/77)勝28.6% 連51.9% 複66.2% 単132 複112

さらに

人気:

1番人気(10-9-5-8/32)勝31.3% 連59.4% 複75.0% 単69 複92
2番人気(6-6-1-4/17)勝35.3% 連70.6% 複76.5% 単156 複127
3番人気(4-3-2-2/11)勝36.4% 連63.6% 複81.8% 単256 複199

3番人気以内なら4戦連続馬券に絡んでいる。
1つ前は1戦挿んで8戦連続馬券に絡んでおりとにかく信頼性が高い。
この馬自身小回りコースばかり使われているが問題ないと思う。
内枠も味方しそう。

◆阪神11R 6番 ピサノジュバン

産駒:スペシャルウィーク
コース:阪神ダ1800

(12-11-6-72/101)勝11.9% 連22.8% 複28.7% 単70 複97

強調する点はないものの前走小倉ダ1700に限れば(3-0-1-3/7)
同産駒は1600万下、昇級戦においてこのコースで馬券に絡んだ経験はないが、前走はクリーンに勝利。
前々走は同コースで負けるも流れが向かなかった様子。
流れさえむけばここでも十分やれる力は持っていそう。

◆阪神12R 15番 タマモアスリート

産駒:アフリート
コース:阪神ダ1200

(41-25-24-189/279)勝14.7% 連23.7% 複32.2% 単201 複104

これだけのデータ数でこの成績は優秀。
間隔も半年以上でも(2-2-1-6/11)複勝率45.5%で単複回値も100を超える。
阪神ダ1400は外枠有利、阪神ダ1200は内枠有利と言われているが、
枠も6枠より外は抜けていて単複回値すべて100超で一発もある。
さらに他馬を見てみると
Grand Slam産駒はダ1000に比べダ1200は成績が半減。
ダ1200において距離延長は(1-0-0-8)。
スキャン産駒は阪神ダ1200の複勝率は22.8%。
そのうち芝→ダは(0-0-2-14/16)
マイネルラヴ産駒は阪神ダ1200の複勝率17.6%。
アドマイヤベガ産駒(あとファルブラウ産駒も)は個人的にはダートで消してなんぼ。
と探してみるとそれぞれ信頼性に欠けるデータはある。




★京成杯AH
リザーブガード
レッツゴーキリシマ

★セントウルS
アポロドルチェ
スズカフェニックス
ファイングレイン
コパノフウジン
タニノマティーニ
マルカフェニックス

重賞は5分で予想(汗)
レッツゴーキリシマはここは狙わないといけないっていう空気ですよね(笑)
マイケルバローズはここでもなくこの次かなと我慢。

セントウルSは前残りにもとりあえず注意しておきます。

時間がない為かなり簡潔です。

◆札幌3R
かなり人気が割れており、ダ1000で驚異の複勝率を誇るGrand Slam産駒ツクバグランディ
前走2着のアグネスデジタル産駒コアレスカポーテに注目。
ただ現在1番人気のコウヨウサルートは持ちタイムもありコース相性もよさそう。

◆札幌6R
芝→ダのシンボリクリスエス産駒ダンツエスエスティに注目。
昨日もシャンパンファイトが芝→ダで馬券にからんだが、
同じくダ替わりでもアツイ前走勝ち馬から1.0差以内。
要注意馬さんは血統面から危険と見ていますが果たしてどうなりますか。

◆新潟6R
新馬のゴールドアリュール産駒エプソムアビリティもいるが、ここで注目なのは
新潟芝1400のスペシャルウィーク産駒ペルセポネ
同コースでは湿った馬場はやや重までしかないが、湿ればさらにアツイ。
同産駒は新馬の成績もまずまず。

◆新潟12R
新潟1000mのスウェプトオーヴァーボート産駒コスモイライザに注目。
重・不良も(0-2-0-0/2)で全く問題ない。

◆小倉4R
新馬のゴールドアリュール産駒カネトシコンジョオに注目。
断然人気なのでここは人気に応えたいところ。
小倉芝1200のコース相性もなかなか良い。

◆小倉6R
今年の夏の小倉で大ブレイクのサッカーボーイ産駒ユウターダーツと、
ダート未勝利で良積のゴールドアリュール産駒ドントブレイムに注目。

◆小倉11R
今年の夏の小倉で大ブレイクのサッカーボーイ産駒スカイリュウホーに注目。

◆小倉12R
今年の夏の小倉で大ブレイクのサッカーボーイ産駒クレセントランに注目。

新潟2歳S(過去7年分)

※2001年のみ芝1400m
※2002年のみBコース使用


(1)種牡馬
種牡馬
・ミスプロ系で馬券に絡んだのは2005年コスモミールのみで重馬場だった。

(2)母父
母父
・ノーザンテースト系で馬券に絡んだのは2001年マイネルジェムのみ。
・ニジンスキー系で馬券に絡んだのは2002年マルロスのみ。

(3)前走着順
前走着順
・前走2着以下で馬券に絡んだのは2001年スターエルドラードと2007年シャランジュのみ。

(4)前走距離・レース
前走距離
・前走1200m組は不振。
・前走新馬(4-3-3-32/42)
・前走ダリア賞(2-1-3-14/20)で2007年シャランジュ以外馬券に絡んだ馬は前走1着。
・前走未勝利(0-2-1-22/25)
・前走新馬・牝(0-0-0-6/6)
・前走未勝利・牝(0-0-0-3/3)

(5)前走人気
前走人気
・前走1番人気でも前走新馬は(1-0-0-11/12)で馬券に絡んだのは2001年バランスオブゲームのみ。
・前走1番人気でも前走未勝利は(0-1-1-11/13)
・前走4番人気以下で馬券に絡んだ馬はすべて前走新馬勝ち。

(6)その他
馬体重
・1番人気は(3-1-2-1/7)で複勝率85.7%。
・前走小倉(0-0-0-13/13)、福島(0-0-0-5/5)
・ダ→芝(0-0-0-6/6)
・8枠(0-0-0-18/18)

出馬表

2001年を省くつもりでしたが入れていしまいました(汗)
最近全く当たらないので今回は少し目先をかえてより勝ち馬に近い馬を詳しく探してみました。
現在新潟は不良ということで思い切ってミスプロ系のマイネルウェイヴで。
ちゃんと買い材料はあり、前走新馬勝ちの中でも前走新潟芝1600外は(1-3-0-5)と好相性。
馬体重も前走を見る限り好走の部類に入っています。

小倉2歳Sは
前走未勝利(5-2-3-22/32)
前走新馬(1-4-1-35/41)
前走OP(1-1-3-22/27)

で未勝利組が優秀。
中でも
前走小倉芝1200(3-2-3-5/13)
で複勝率58.3%。

該当する馬は
シルクナデシコ
メイクデュース
ノアウイニング
マルカゼウス

当日人気4番人気以内なら複勝率100%のメイクデュースを◎に。
傾向的には外枠の激走も注意。
ツルマルジャパンは姉のツルマルオトメもここでコケたが…。


◆札幌2R 13番 グリッターカーラ 【ダート連闘のフレンチデピュティ】

産駒:フレンチテピュティ
間隔:連闘
馬場:ダート

(10-10-6-38/64)勝15.6% 連31.3% 複40.6% 単101 複102

連闘でこの複勝率はかなり優秀。
さらに

人気:

1人(4-4-0-3/11)勝36.4% 連72.7% 複72.7% 単70 複86
2人(2-1-0-3/ 6)勝33.3% 連50.0% 複50.0% 単133 複68
3人(0-1-3-4/ 8)勝0.0% 連12.5% 複50.0% 単0 複103

で人気での信頼度もまずまず。
フレンチデピュティ産駒の札幌ダ1700は(5-6-5-36/52)。
そのうち連闘は(0-2-1-0/3)ですべて3番人気以内だった。

ただ札幌ダ1700は
7枠(0-0-0-9/9)、8枠(1-0-1-7/9)というのは少し気になる。

◆札幌8R 5番 シャンパンファイト 【芝→ダのシンボリクリスエス】

産駒:シンボリクリスエス
前走馬場:芝→ダ

(9-7-4-59/79)勝11.4% 連20.3% 複25.2% 単195 複112

回収率は優秀。
そのうち

前走着差:

負~0.9(6-5-1-10/22)勝27.2% 連50.0% 複54.5%
負1.0~(3-2-3-48/56)勝5.3% 連8.9% 複14.2%

1秒差以内なら勝負になるか。

札幌10R 6番 ニシノレイチェル 【芝前走2着のタニノギムレット】
        13番 マイネソシオ


産駒:タニノギムレット
前走着順:2着
馬場:芝

(22-18-11-24/75)勝29.3% 連53.3% 複68.0% 単136 複116

複勝率、回収率とも優秀。
1~3番人気だと信頼度が高く複勝率は76.7%。
今回は2頭いるが、それぞれ買い材料をあげると
前走同コース(8-5-2-2/17)
距離延長500m以上(3-1-0-1/5)

タニノギムレット産駒は札幌芝2600で(1-1-0-2/4)




◆新潟1R 4番 アーバンテースト 【ダート前走2着のサウスヴィグラス】

産駒:サウスヴィグラス
前走着順:2着
馬場:ダート

(6-7-0-5/18)勝33.3% 連72.2% 複72.2% 単100 複112

データは少ないものの複勝率は優秀で回収率も100を超える。
ただし、前走2着で芝→ダのパターンは初めて。
サウスヴィグラス産駒の芝→ダは(0-1-2-13/16)とイマイチではあるが。

現在1番人気が1.1倍とオッズを見る限り鉄板。
この条件は連対か5着以下かはっきりしているので買うなら2頭の馬単裏表だけがオススメ?

◆新潟2R 14番 フォージドスチール 【新潟芝1400のスペシャルウィーク】

産駒:スペシャルウィーク
コース:新潟芝1400

(3-7-8-29/47)勝6.4% 連21.3% 複38.3% 単155 複174

複勝率、回収率はかなり優秀。
勝ち馬は2005年を最後に出ておらず、2、3着が多い。

◆新潟6R 8番 ニシノウズマサ 【新馬のゴールドアリュール】

産駒:ゴールドアリュール
クラス:新馬
馬場:芝

(5-4-3-25/37)勝13.5% 連24.3% 複32.4% 単119 複109

ダートと比べると劣り、最近はやや成績も不振だが、
複勝率30%、回収率100超はまだキープ。
新潟芝1600外は(1-1-1-5/8)。

芝新馬(5-19-9-72/105)のシンボリクリスエス2着づけもオススメ。
新潟芝1600外は(1-2-1-5/9)。

◆新潟7R 6番 マイコノエリ 【新潟芝1000のスウェプトオーヴァーボード】
       8番 コスモスートラ
       14番 スウェプトワールド


産駒:スウェプトオーヴァーボード
コース:新潟芝1000

(2-5-3-8/18)勝11.1% 連38.9% 複55.6% 単23 複197

データは少ないが、複勝率、複回収率はかなり優秀。
中でも筆頭はやはりスウェプトワールドか。
芝で前走2着も(4-5-3-12/24)で複勝率50%、単回収率は200近い。
新潟1000といえば外枠有利だが、同産駒は内枠も苦にしない様子。

◆新潟8R 3番 アイアムレギュラー 【ダート連闘のフレンチデピュティ】

産駒:フレンチテピュティ
間隔:連闘
馬場:ダート

(10-10-6-38/64)勝15.6% 連31.3% 複40.6% 単101 複102

連闘でこの複勝率はかなり優秀。
新潟ダ1800は(6-10-5-44/65)で複勝率30%を超え、
1、2枠は単複ともに回収率100を超える。



◆小倉6R 10番 ジエクストリーム 【ダート連闘のワイルドラッシュ】

産駒:ワイルドラッシュ
間隔:連闘
馬場:ダート

(4-1-4-9/18)勝22.2% 連27.8% 複50.0% 単483 複141

複勝率、回収率ともにかなり優秀。
前走同コースだと(2-1-3-2/8)で複勝率は75%。
ワイルドラッシュ産駒の小倉ダ1700は(13-3-17/24)。
現在この条件で4戦連続馬券に絡んでいる。
あとは前走は産駒得意の大外枠だったが5枠がどうでるか。


◆小倉8R 2番 ファイナルパンチ 【小倉ダ1000のデヒア】

産駒:デヒア
コース:小倉ダ1000

(8-3-3-28/42)勝19.0% 連26.2% 複33.3% 単184 複120

持ちタイムも2位で、昇級戦ながらここでもやれそう。

◆小倉8R 14番 シュウボンバー 【ダート前走2着のスペシャルウィーク】

産駒:スペシャルウィーク
前走着順:2着
馬場:ダート

(34-16-15-47/112)勝30.4% 連44.6% 複58.0% 単98 複78

複勝率はまずまず。
現在この条件で7戦連続3着以内に入線中。
スペシャルウィーク産駒は小倉ダ1000(0-1-2-13/16)なものの
この馬自身は2戦とも馬券に絡んでおり問題なさそう。
ダートの連闘も(3-4-6-44/57)と複勝率22.8%しかないが、
前走2着に限ると(2-1-2-3/8)で複勝率62.5%、回収率も100を超える。