FC2ブログ

本家より為になる重賞のツボ(仮)

金満血統王国サラブレモバイルに掲載中の『重賞のツボ』に負けない『重賞のツボ』を見つけます
時間がとれなかった為チェック馬は掲示板に直接カキコです。
今のところかなり調子がいいです。

新潟記念(過去7年分)


(1)種牡馬
種牡馬
・サンデー系で勝利をあげた2007年ユメノシルシ、2001年サンプレイスは母父グレイソヴリン系。
・グレイソヴリン系は出走のなかった2001年を除き毎年連対中。
・ロベルト系で馬券に絡んだ馬は2006年トップガンジョーのみで母父グレイゾヴリン系。
・ニジンスキー系が不振だがすべて7番人気以下。

(2)母父
母父
・グレイソヴリン系は出走のなかった2003年を除き毎年馬券に絡んでいる。
・ニジンスキー系で馬券に絡んだ2002年、2003年ダービーレグノは父グレイソヴリン系。
・ノーザンテースト系で馬券に絡んだ2004年レニングラードは父グレイソヴリン系。

(3)前走着順
前走着順
・2004年以降前走1着馬が毎年連対中。
・前走6着以下で馬券に絡んだ2002年はアグネススペシャルは当日1番人気だった。
・前走10着以下は2001年エアスマップを除き馬券に絡んだ2007年、ヤマニンアラバスタ、2004年スーパージーン、2003年キングフィデリアは過去に新潟記念で馬券に絡んでいた。
 エアスマップは当日3番人気だった。
 人気馬は消せない(01年02年なので割り切っても)、リピーターにも注意という傾向か。

(4)前走距離・レース
前走距離
・前走関屋記念(0-1-2-17/20)で2002年アグネススペシャルを除き、2007年ヤマニアラバスタは父と母父、2004年トーセンダンディは母父がグレイソヴリン系。
・前走小倉記念(0-1-1-8/10)で馬券に絡んだのは2006年サンレイジャスパーとヴィーダローザ。
・前走函館記念(1-1-0-6/8)で馬券に絡んだのは2002年トーワトレジャー、2001年エアスマップ。

(5)前走人気
前走人気
・前走10番人気以下で馬券に絡んだのは2007年ヤマニンアラバスタのみ。

(6)その他
・1番人気(2-1-2-3/8)複率62.5%、2番人気(3-2-1-2/8)複率75.0%と1,2番人気は比較的馬券に絡む。
・間隔10週~(1-1-1-5/8)半年~(0-0-0-6/6)

出馬表

とにかくグレイソヴリン系って感じですね。
その中でも近年連対中の前走1着馬のバトルバニヤンととりました。
この馬の複本線で。
△印はリピータ馬とグレイソヴリン系の馬につけてます。

キーンランドCはかなり相性悪い馬ですが、キンサシャノキセキでなにもないかと。
プレミアムボックスは前走じゃなく次買いたいと言っていたのでここで買うべきでしょうか。
あとは無難に人気どころでおさまると予想します。
スポンサーサイト



忙しくて結果をまとめる暇もありません。
今回も表示形式が違いますが、毎回見やすいようにはしているつもりです(汗)

◆札幌1R 7番 メリュジーヌ

芝→ダ替わりのゴールドアリュール産駒もいるが、ここで注目したいのは芝→ダ替わりのフレンチデピュティ産駒メリュジール

芝→ダ(37-28-26-150/241)勝15.4% 連27.0% 複37.8% 単134 複117

そのうち

未勝利戦(26-17-15-71/129)勝20.2% 連33.3% 複45.0% 単149 複133

とさらに信頼度が高まる。
前走4着は(3-1-4-9/17)なものの、着差で見ると負0.1~0.2は(2-1-4-2/9)。

と思ったら思った以上に断然人気。

◆札幌3R 5番 マヤノアンズ

札幌1Rに続き芝→ダ替わりのフレンチデピュティ産駒
1Rでは書いていないが、フレンチデピュティは札幌ダ1000の条件も得意。

札幌ダ1000(4-4-3-19/30)勝13.3% 連26.7% 複36.7% 単205 複154




◆新潟3R 11番 ブルーハート

新馬戦のゴールドアリュール

新馬(芝)(10-8-4-36/58)勝17.2% 連31.0% 複37.9% 単336 複150

この条件で同じ母父ミスプロ系のチャペルゴールドが穴をあけたばかり。

◆新潟7R 15番 スペシャルジョイ

新潟芝1400のスペシャルウィーク産駒

新潟芝1400(3-5-8-28/44)勝6.8% 連18.2% 複36.4% 単166 複140

回収率は優秀なもののスペシャルウィーク産駒は芝において前走2着は複勝率40%台、未勝利と限定しても50%台と決して高くはない。(芝未勝利1番人気だけズバ抜けている)
二走続けてはどうか。買うなら3着付もおもしろいかも。

◆新潟9R 4番 ネヴァテルミー  5番 アスクデピュティ

新潟芝1800外のフレンチデピュティ産駒

新潟芝1800外(4-6-1-5/16)勝25.0% 連62.5% 複68.8% 単287 複191

そのうち1、2番人気は(3-4-0-0/7)、前走2着(0-3-0-0/3)。



◆小倉8R 1番 エスポワールシチー

芝→ダ替わりのゴールドアリュール産駒

芝→ダ(5-2-1-18/26)勝19.2% 連26.9% 複30.8% 単623 複376

サラモバでもとりあげられた湿ったダートの脅威の回収率にも期待。

昨日はスピリタスが見事快勝。
人気どころも飛び穴ぐさも連れてきました。

さて、今日も表示形式が違い簡易版です(汗)


◆ゴールドアリュール産駒
札幌4R新潟6R小倉5Rに計4頭と今日は大勢新馬戦に登場。
コース実績も

札幌芝1800(0-0-2-3/5)
新潟芝1600(1-1-1-4/7)
小倉芝1800(1-0-0-2/3)


と悪くはないです。
さらに新馬戦だけでなく、新潟2Rにも注目。
新馬のゴールドアリュールと言われていますが、ダートに限れば

未勝利(12-7-11-68/98)勝12.2%連19.4%複30.6%単206複156

と新馬戦には劣るものの未勝利戦でも回収率はかなり優秀。
新潟ダ1200(0-2-3-6/11)とコースも問題ない。

◆デヒア産駒
小倉6R小倉8R小倉ダートのデヒアが登場。
データ的により買いなのは前走2着のパワーウェーブか。
鞍上強化も斤量も+3kgとなるのがどうでるかが注目。

◆スウェプトオヴァーボード産駒
新潟7Rには直千のスウェプトオーヴァーボート産駒が登場。
データが少ないものの新潟芝1000(2-4-3-7/16)で複勝率は56.3%と優秀。
また新潟10Rホワイトリーベはダ→芝替り。
芝替りは(3-1-5-44/53)で悪いものの、そのうち間隔が

10週~半年(1-0-3-5/9)勝11.1%連11.1%複44.4%単317複383

と一発はあるので穴狙いで。

◆その他
小倉3R前走2着(芝)のスペシャルウィーク産駒
ただ人気でこその条件なので人気がないここは応援程度が妥当か。
連続好走して人気が高まることを願う。

小倉9R小倉芝1200のアドマイヤベガ産駒
休み明けはどちらかというと苦手なのでより狙うならボストンオーか。
前走好タイム後の凡走を気にしていたが、内枠にローラーをかけ昨日と同じように前が止まらない展開なら心配もなさそう。

札幌記念(過去8年分)


(1)種牡馬
種牡馬

・ダンチヒ系が好相性も馬券に絡んだのはいずれも1,2番人気。
・ロベルト系で馬券に絡んだ馬は2007年サクラメガワンダーのみ。
・グレイソヴリン系で馬券に絡んだ馬は2001年ジャングルポケットのみ。
・2005年以降馬券に絡んだ馬はすべて父or母父がサンデー系。

(2)母父
母父

・めずらしくチェック無し系の活躍が目立つ。
・ニジンスキー系で馬券に絡んだ馬は2000年エアギャングスター、2003年サクラプレジデント。
 いずれも父サンデーサイレンス。
・ミスプロ系が不振だがすべて4番人気以下。
・2005年以降馬券に絡んだ馬はすべて父or母父がサンデー系。

(3)前走着順
前走着順
・前走1着馬が不振。
・前走3着馬がいた6年中5年で馬券に絡んでおり、2004年以降は毎年馬券に絡んでいるが1着はない。
・前走10着以下で馬券に絡んだ2002年トウカイポイント、2004年ローエングリンはG2勝利実績(ともに中山記念)があった。
・2005年コイントスもG2では2着が3回あり、2002年札幌記念3着馬でもあった。

(4)前走距離・レース
前走着順
・前走函館記念(2-4-2-28/36)で最後に馬券に絡んだのは2007年サクラメガワンダーだが、
 連対に限ると2004年ファインモーションまで遡る。

(5)前走人気
前走人気
・前走10番人気以下で馬券に絡んだ2002年トウカイポイント、2005年ヘヴンリーロマンスはG2勝利実績があった。

(6)その他
・1番人気(2-1-2-3/8)複率62.5%、2番人気(3-2-1-2/8)複率75.0%と1,2番人気は比較的馬券に絡む。
・中山1800初め1800や札幌2000に実績のある馬は注意かも。

出馬表

久々の重賞のツボ。
当てたいところですが、今回はデータがあまり役立たないかも。
実際に消せるのは2頭しかおらず。
サンデー系を中心視すべきでしょうが、サンデー系多すぎ。
逆に函館記念組を軽視するとサンデー系がいなくなる…。
残ったのはマツリダゴッホ、アドマイヤタイトル、ヴイータローザ。
素直にここはマツリダゴッホを◎に。
オッズてきにマツリダ-ヴィーダローザのワイドがつくけど、
函館記念組は3着はあると思うので、これも素直に前走3着馬のマンハッタンスカイとの
ワイド本線のほうがよさそうな気もします。
どちらかワイド本線で、三連単も4-1,2,10-1,2,3,10,11の1、2着マルチも買ってみます。
先週日曜日は

新潟芝14のスペシャルウィーク、新潟芝16のタニノギムレット。
小倉ダ17のデヒア、小倉芝20のアドマイヤベガ。
ダ替わりのゴールドアリュール、前走2着のタニノギムレット等

ここでよく挙げるパターンが馬券に絡みました。
さて今週もと思いましたが…今日はあまりチェックしておらずかなり少ないです。
今日は忙しいので表示形式を変えました。


◆札幌1R 14番 ロイヤルダリア

スペシャルウィーク産駒は

札幌芝1800(5-5-4-34/48)勝10.4% 連20.8% 複29.2% 単134 複102

と回収率は優秀で複勝率はまずまず。
さらに単純にオッズだけみれば前走と比べるとかなりおいしい。
プラスの回収率でもあるし気楽に買える。
ちなみに距離延長組は(3-0-0-11/14)、前走1200組は(1-0-0-5/6)。

◆札幌3R フィールドオモロー

ゴールドアリュール産駒はダートで

新馬(5-4-1-11/21)勝23.8% 連42.9% 複47.6% 単718 複221

と複勝率、回収率はかなり優秀。
母父がストームバード系というのも新馬には向きそう。
評判馬ワールドカルティエもいますが関係なし。
個人的にはゴールドアリュール産駒の新馬はとにかく買っておきます。

◆札幌10R 10番 スピリタス

タニノギムレット産駒は芝レースで

前走2着(21-18-11-24/74)勝28.4% 連52.7% 複67.6% 単132 複115

と複勝率、回収率がかなり優秀なのはおなじみ。
1~3番人気だとさらに複勝率は高い。
ただし500万下に限ると複勝率は46.2%というのが気になるが、
ジャングルポケット産駒は
函館芝1800(2-4-1-7/14)に対し、札幌芝1800(0-0-0-6/6)。
マンハッタンカフェ産駒はコースは問題ないが休み明けが苦手で、
牝馬で芝レースに限ると10週以上空いた馬は
(1-0-3-57/61)と散々。
よってスピリタスのチャンスは十分。
またここでは挙げないが札幌芝1800のスペシャルウィーク産駒には注意。



◆新潟2R 3番 オフリミッツ

ジャングルポケット産駒は

芝→ダ(5-5-1-48/59)勝8.5% 連16.9% 複18.6% 単145 複154

と回収率は優秀で、さらに絞って芝→ダのうち

間隔10週~(3-1-0-13/17)勝17.6% 連23.5% 複23.5% 単341 複134

と一発はやはり魅力で複勝率も若干上がる。
ただ新潟ダ1800(1-0-0-11/12)と、傾向上前走大敗というのが気になる。
ちなみにこの馬はキングカメハメハの下。
全姉ジャングルバード、半兄グランプリゲイトはともにダートで勝ち上がり。



◆小倉12R 15番 ヒュームウッド

ワイルドラッシュ産駒はダートで

8枠(5-8-1-39/53)勝9.4%連24.5%複26.4%単186複129

と回収率は優秀で単複ともに100を超えるのは4枠と8枠のみ。
さらに要注意馬さんのところでも書かれていたが、
ワイルドラッシュ産駒は休み明けが苦手。
いっぽうダートで

明け2戦(4-2-0-17/23)勝17.4%連26.1%複26.1%単120複134

で回収率は優秀。
馬だけを見ると荷が重いが、穴を開ける条件は揃っている。


来週までお盆の為にお休みします。

掲示板には顔は出すと思いますが(笑)
ガチくさと分ける必要がなくなったのでまとめて。
今日は調べた数が少なく、おかげで小倉は0です(笑)

◆函館◆
ガチ1

◆新潟◆
ガチ2
ガチくさを始めてしばらく経ちますが、調べてみると非常に役に立たないことに気付きました(笑)
しかしその他チェックしていた馬と合わせて見るとトータル的に単回値はプラスです。
と言ってもネヴァシャトルの激走に助けられましたが、これもこの馬を採り上げたからこそということで。
では、どういった時に馬券に力を入れればいいのか。
7月の成績を振り返って見てみましょう。

◆7月全成績◆
全成績
・芝、ダート共に単回値は100超
・ダートは複回値も100超で複勝率も優秀。

◆競馬場別(芝)◆
競馬場(芝)
・新潟の複勝率は優秀。

◆競馬場別(ダ)◆
競馬場(ダ)
・函館の単複回値は100超で複勝率も優秀。
・小倉の複回値はかなり優秀だが馬券に絡んだ6頭中5頭は父デヒア。

◆クラス別(芝)◆
クラス(芝)
・新馬戦の単回値は100超。
・500万下の複勝率は優秀。

◆クラス別(ダ)◆
クラス(ダ)
・未勝利の複勝率は優秀。
・500万下の単複回値は100超で複勝率も優秀。

◆人気別(芝)◆
人気(芝)
・人気どころは決してよいとは言えない。
・中穴の一発に少し注目か。

◆人気別(ダ)◆
人気(ダ)
・1、2番人気の複勝率は優秀。1番人気の複回値は100超。

最後に気になる種牡馬を

◆種牡馬◆
種牡馬

・スウェプトオーヴァーボード産駒は人気のない馬が多かったものの成績が悪い。
 8月に入ってもガチくさ1頭を含め(0-0-0-6/6)
・キングヘイロー産駒にも少し振り回された感じ。
・表には入れていませんが小倉ダートのデヒアは健在。
 8月もガチくさファイナルパンチが4着に敗れるもののパワーウェーブが11番人気で2着と激走。

というわけで
まだたった1か月ですけどこれを少し頭に入れつつ馬券を買ってみます。
少しでも当ブログを見て馬券を検討している方がいればこれも参考にしてもらえれば。

今日は1つのレースに結構固まっているためレイアウトを変更してみましたが…見づらいかも。

ガチ説明書

◆函館◆
ガチ1

◆新潟◆
ガチ2
◆小倉◆
ガチ3
小倉記念(過去8年分)

※2003年のみBコース


(1)種牡馬
種牡馬
・ミスプロ系で馬券に絡んだ馬は2004年、2005年メイショウカイドウのみ。

(2)母父
母父
・リファール、他のターントゥ系の相性が良いが、リピーター馬が多い。
・ニジンスキー系は不振。

(3)前走着順
前走着順
・前走1着or2着が毎年馬券に絡んでいる。
・Bコースだった2003年を除くと前走2着が毎年馬券に絡んでいる。
 函館記念のデータと比べても前走1、2着の成績は優秀。
・10着以下で馬券に絡んだのは2002年イブキガバメント、2003年ロサード、2006年ヴィーダローザ。
 3頭の共通点は父or母父リファール系、休み明け、重賞勝ち馬。
・6着以下で見ても2003年グリーンプリッツが3着なだけでこの年のみBコースだったこともあり、例外と見てもいいかも。

(4)前走距離・レース
前走距離
・前走七夕賞(0-1-0-9/10)で馬券に絡んだ馬は2007年ニホンピロキースのみ。
・前走マーメイドS(0-0-0-3/3)

(5)前走人気
前走人気
・前走10番人気以下で馬券に絡んだ馬は2003年グリーンブリッツのみ。

(6)その他
・斤量~51kgは(0-0-0-13/13)
・前走勝ち馬から1秒以上の負けは(0-1-0-28/29)で馬券に絡んだのは2006年ヴィーダローザのみ。
 同馬も1.1秒差だっただけに大敗から巻き返すのは難しいか。
・ダ→芝(0-0-1-3/4)で馬券に絡んだ馬は2004年オースミステイヤーのみ。

出馬表

データが示す通り、夏競馬ということで勢いのある馬を買いたいですね。
ニルヴァーナもドリームジャーニーも気になりますが切りました。
土曜は午後から1枠が立て続けに連対しており内枠がすべて消しなのが少し心配です。
あとは父ミスプロ系がいまいちなピカレスクコート、軽量がいまいちなカネトシリベルテ、母父ニジンスキー系がいまいちなミヤビランベリの評価を少し下げました。

◎は今年は56kgのヴィーダローザ。
○は中2週のローテもよさそうなグロリアスウィーク。
▲は消すわけにはいかないダイシングロウ。
以下△と続きます。

◎と○2頭本命で挑んでみます。
今日はガチくさが盛り沢山。
人気馬ばかりですが、しっかり人気に応えてほしいところ。

◆ガチくさ◆

◆函館1R 1番 ハッピーネーション 【前走2着のアグネスデジタル】

産駒:アグネスデジタル
前走着順:2着
馬場:芝

(4-5-1-3/713)勝30.8% 連69.2% 複76.9% 単78 複106


産駒:アグネスデジタル
コース:函館芝1200

(1-2-0-0/3)勝33.3% 連100.0% 複100.0% 単266 複163

両方ともデータは少ないもののかなり優秀。
圧倒的1番人気だろうしここでは逆らえないか。



◆函館7R 6番 テイクマイアイズ 【函館ダ1000のアグネスタキオン】

産駒:アグネスタキオン
コース:函館ダ1000

(6-3-2-12/23)勝26.1% 連39.1% 複47.8% 単157 複86

持ちタイム(良)1位。
前走2着(ダート)のアグネスタキオン産駒は4連続複勝圏内中で
1番人気なら複勝率70%を超える。



◆新潟1R ガンズオブナバロン 【前走2着のスペシャルウィーク】

産駒:スペシャルウィーク
前走着順:2着
馬場:芝
クラス:未勝利

(28-14-10-40/92)勝30.4% 連45.7% 複56.5% 単85 複781

さらに絞ると

人気:1番人気

(21-4-8-8/41)勝51.2% 連61.0% 複80.5% 単121 複97

この条件での1番人気の信頼度は抜群。



◆新潟9R 18番 ドリームゼロワン 【前走2着のアグネスデジタル】

産駒:アグネスデジタル
前走着順:2着
馬場:芝

(4-5-1-3/713)勝30.8% 連69.2% 複76.9% 単78 複106


産駒:アグネスデジタル
コース:新潟芝1600外

(0-0-1-6/7)勝0.0% 連0.0% 複14.3% 単0 複94

こちらはコーズ実績がないものの、人気のない馬が多かったのも事実。
兄弟馬を含めこの馬自身も割と人気どおりに走るタイプのようでここでも大崩れはないか。



◆小倉2R 12番 ファイナルデヒア 【小倉ダ1000のデヒア】

産駒:デヒア
コース:小倉ダ1000

(7-2-3-26/38)勝18.4% 連23.7% 複31.6% 単197 複102

産駒:デヒア
前走着順:2着
馬場:ダート

(20-13-7-28/68)勝29.4% 連48.5% 複58.8% 単155 複97

小倉で爆発中?のデヒア。
前走2着(ダート)も4連続複勝圏内中。
これまで続けて好走がないもののデータのよさで。
持ちタイムも1位。

ちなみに相手は1番人気が予想されるタニノジュレップか。
コロナドズクエスト産駒は前走2着(ダート)で複勝率60%、1番人気だと70%を超える。
ただし、この条件プラス岩田とコンビだと3連続複勝圏外中。



◆小倉7R 15番 カラメルマキアート 【叩き2戦目のマンハッタンカフェ】

産駒:マンハッタンカフェ
間隔:明け2戦目
馬場:芝

(13-13-11-58/95)勝13.7% 連27.4% 複38.9% 単210 複126

さらに

人気:1番人気

(6-3-3-2/14)勝42.9% 連64.3% 複85.7% 単95 複114

この条件で5戦連続複勝圏内中。
小倉芝1800(0-2-2-12/16)も問題なさそう。



◆小倉11R 5番 ロザリオ 【昇級戦のジャングルポケット】
産駒:ジャングルポケット
前走クラス:昇級戦
馬場:芝

(10-6-2-36/54)勝18.5% 連29.6% 複33.3% 単67 複53

さらに絞ると

人気:

1番人気(3-3-2-3/11)勝27.3% 連54.4% 複72.7% 単58 複104
2番人気(5-3-0-1/9)勝55.6% 連88.9% 複88.9% 単194 複144

データは少ないものの複勝率はかなり優秀。
小倉芝2000(3-1-0-5)とコース相性もいい。


◆その他◆

◆函館3R 1番 ブライティアラック 【函館芝1200のタイキシャトル】
産駒:タイキシャトル
コース:函館芝1200

(12-12-8-78/110)勝10.9% 連21.8% 複29.1% 単133 複123

さらに絞って

前走馬場:ダ→芝

(3-1-0-5/9)勝33.3% 連44.4% 複44.4% 単378 複175

馬券に絡んだ馬はすべて勝ち馬から1秒以上の大敗からの巻き返し。
人気も全くないだろうから気楽に。

◆函館4R 11番 チャームナデシコ 【連闘のワイルドラッシュ】

産駒:ワイルドラッシュ
間隔:連闘
馬場:ダート


(3-0-3-6/12)勝25.0% 連25.0% 複50.0% 単529 複149

データはかなり少ないものの複勝率、回収率ともにかなり優秀。
このレースは同じく連闘のフジキセキ産駒がいるが、こちらも連闘、さらにコース相性も良い。

◆函館12R 6番 ミラクルプリンセス 【函館芝1200のタイキシャトル】

産駒:タイキシャトル
コース:函館芝1200

(12-12-8-78/110)勝10.9% 連21.8% 複29.1% 単133 複123

さらに絞って

間隔:10週~半年

(1-5-1-9/16)勝6.3% 連37.5% 複43.8% 単85 複276

ここでは荷が重いだろうが、時計のかかる馬場はプラス材料か。

◆函館12R 15番 ファイナルファイト 【函館芝1200のキングヘイロー】

産駒:キングヘイロー
コース:函館芝1200

(2-6-5-12/24)勝8.0% 連32.0% 複52.0% 単30 複102

前走同条件で大敗したが、兄弟馬を含めこの馬自身も勝ち馬から1秒以上の負けでも
平気で巻き返すので気にしなくてよさそう。
問題はこの条件だと5~8枠より1~4枠の成績のほうが優秀なことか。



◆新潟6R 4番 センターステージ 【新馬戦のスウェプトオーヴァーボード】

産駒:スウェプトオーヴァーボード
クラス:新馬
馬場:芝

(5-7-7-40/59)勝8.5% 連20.3% 複32.2% 単120 複150

産駒:スウェプトオーヴァーボード
コース:新潟芝1400

(0-1-1-5/7)勝0.0% 連14.3% 複28.6% 単0 複135

◆新潟6R 5番 トーホウジェニー 【新馬戦のワイルドラッシュ】

産駒:ワイルドラッシュ
クラス:新馬
馬場:芝

(1-3-2-23/29)勝3.4% 連13.8% 複20.7% 単132 複148

産駒:ワイルドラッシュ
コース:新潟芝1400

(0-1-0-6/7)勝0.0% 連14.3% 複14.3% 単0 複57

◆新潟6R 11番 チャペルゴールド 【新馬戦のゴールドアリュール】

産駒:ゴールドアリュール
クラス:新馬
馬場:芝

(5-2-3-16/26)勝19.2% 連26.9% 複38.5% 単170 複106

産駒:ゴールドアリュール
コース:新潟芝1400

(0-0-0-4/4)勝0.0% 連0.0% 複0.0% 単0 複0

コース実績はないもののデータが少ないのも事実。
それぞれ回収率は優秀なのでおさえておくべきか。

◆新潟8R 6番 ガオウ 【新潟ダ1200のスウェプトオーヴァーボード】

産駒:スウェプトオーヴァーボード
コース:新潟ダ1200

(3-2-1-17/23)勝13.0% 連21.7% 複26.1% 単198 複106

前走はズブズブの展開で大敗。
持ちタイム(良)は2位で前々走は同クラス同条件で激走。
関東のレースはなんで人気のないの?という降級馬がたまにいる。



◆小倉4R 8番 ビヨンドマイリーチ 【新馬戦のワイルドラッシュ】

産駒:ワイルドラッシュ
クラス:新馬
馬場:芝

(1-3-2-23/29)勝3.4% 連13.8% 複20.7% 単132 複148

産駒:ワイルドラッシュ
コース:小倉芝1200

(0-1-1-5/7)勝0.0% 連14.3% 複28.6% 単0 複48

◆小倉4R 14番 ビヨンドマイリーチ 【新馬戦のゴールドアリュール】
      17番 シルクフォーチュン


産駒:ゴールドアリュール
クラス:新馬
馬場:芝

(5-2-3-16/26)勝19.2% 連26.9% 複38.5% 単170 複106

産駒:ゴールドアリュール
コース:小倉芝1200

(1-0-1-5/7)勝14.3% 連14.3% 複28.6% 単21 複65

コース実績はないもののデータが少ないのも事実。
それぞれ回収率は優秀なのでおさえておくべきか。

◆小倉4R 16番 サザンウィスパー 【新馬戦のシンボリクリスエス】

産駒:シンボリクリスエス
クラス:新馬
馬場:芝

(3-17-8-61/88)勝3.4% 連22.5% 複31.5% 単12 複65

とにかく2着が多い。

◆小倉7R 16番 タッチオブレインズ 【前走2着のタニノギムレット】

産駒:タニノギムレット
前走着順:2着
馬場:芝

(19-17-11-24/71)勝26.8% 連50.7% 複66.2% 単133 複113

信頼性が高いのは1~3番人気。
小倉芝1800は(1-0-0-12/13)でもう一押しの競馬が多いこともありガチくさには挙げず。
ただ今回人気がないのでおさえてはおきたい。

◆小倉11R 5番 キングスデライト 【小倉芝2000のアグネスタキオン】

産駒:アグネスタキオン
コース:小倉芝2000

(5-5-4-28/42)勝11.9% 連23.8% 複33.3% 単371 複137

複勝率、回収率は優秀。
それほど人気にもならなさそうでおさえておくべき。
持ちタイム3位。

◆ガチくさ◆
ガチくさ
◆その他◆
その他


先週はガチくさでとりあえず結果を残すことができました。
本当はもっと高いレベルを維持したいのですが(笑)

中でも土曜函館3Rでは芝→ダ(+休み明け)、コースとそれぞれデータ的に実績があるフレンチデピュティ産駒のスズカプラチナがあわや2着かという3着。
さらにこちらも採り上げたコース複勝率50%を誇るアグネスタキオン産駒の2頭のうち1頭がきっちり勝利し、会心と言っていいのではないでしょうか。

そして小倉のダートでは人気のデヒア産駒がきっちり仕事をし2頭とも複勝圏内に。

他で注目していたのは日曜新潟6Rで2着になったミッキーペトラ。
これでシンボリクリスエス産駒の新馬(芝)は(3-17-8-61/89)となりました(笑)

続いて日曜小倉11Rで注目していたアドマイヤベガ産駒2頭。
心配していた通りパカパカグランプリが17着と大敗。
いっぽうボストンオーが1着でした。
パカパカグランプリは前走開幕週1:07.7いう好タイムで勝利後の連闘。
土曜日に同じレース同タイム2着したタイセイビエントも連闘でコケました。
また立て直したときに改めて狙いたいのと、この日好タイムを出した他馬が間隔を詰めて出走してくれば注目もしたいですね。
まだ高速決着が続きそうな小倉芝。
サラモバの発掘データ箱をヒントに馬券を取りたいところです。

最後に見落としていたスペシャルウィーク産駒について。
土曜新潟1Rのフォージドスチール。
結果1着は要注意馬さんが強く推奨していたショウナンサミット、2着は新潟芝1400のスペシャルウィークの同馬で万馬券決着。
これはちょっと悔しかったです。

それでは今週も会心の馬券を!!